今日、コフ斜面を滑りましたが、どんどん加速してしまい5、6個目くらいで発射してしまいます。 どうしたら良いでしょうか?

補足

まっすぐラインで滑りました。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(9件)

0

FIS対応のGSの板を使って滑るレベルにはいまだ到達してないようで今年も頑張ってください 松の内なら夢想流という滑りもあるんですが・・・。

0

私の回答は、コブが上手いので、質問者さんへアドバイスという意味での回答ではありません。 私も途中で飛び出してしまう状態から、成功率を上げるために心がけていること上げました。ただし、私のはコブを上手く滑っている人からみたら「?」と感じてしまう箇所があるかもしれません。この点で、質問者さんが私の書いたことを参考にする場合は、自己責任で滑ってください。 コブの深みに入った後に、次の外脚側の腰(股関節)を外スキーのトップの方へ出すようにしています。 深みに入った後に膨らみに向かって行きます。この膨らみにトップが乗り上がるときに、スキーが跳ね上がります。このままだと、次の深みに後傾のままで入ってしまうことになり、制御不能に陥ってしまい、スピードが出たままでターンできなくなってしまいます。このために、飛び出さざるを得なくなってしまいます。 膨らみでスキーが跳ね上がっても、外腰になる方を前に出すようにすると、スキーのトップを下げやすくなり、トップから深みに入りやすいので、スピードを抑えられる要素が生まれ、次のターンでのエッジングも早い段階で行えます。 他にやっていることは、前のターンで深みに入ったさいに、ウエストを境目にして両肩のライン(向き)とストックワークのための腕の構えで逆ひねりを強め、その後の下肢の緊張を緩めて、「捻りの戻り」をオートマチックに行えるようにしています。 滑り出す前に、ラインの向き等も読んで滑り出していたのですが、「外腰を前」「逆ひねりと戻り」の二点だけを意識して滑り出すようにしました。 ズルズルとずらす滑りも試したのですが、わたしは苦手です。諦めました。ラインコブでのカービングターンで慣れてから、ずらすことを覚えたいと思います。このために、今のところ斜度が緩いところにあるラインコブだけの完走率100%を目指しての練習中です。まだ、やっと80%までになったという状態です。最初の1本目がダメなことが多いです。

0

まっすぐラインってのはモーグル的なラインと解釈して回答しますと。 コブを吸収した後に、コブの裏側で伸ばしてブレーキングしていると思うのですが、この時に「フンッ!」ってぐらい下に思いっきり蹴ります。 (うまい人は後ろに蹴るっていうんですが私には下が精いっぱい) 縮んだ分を取り戻すために、コブの裏で伸びてるという認識から、コブの裏で蹴って伸びる為に縮んで吸収するって感覚です。 これが出来ると、コブの中でのスピードコントロールが格段に上がるので、別のラインで滑っていてもスピードが出だしたら、この方法を取れば安定して滑ることが出来ると思います。

0

初心が速度を調整する主方法は2つ、ズラすか深く回すかです。 コブの形状によって選択して発射されない速度を保ちましょう。 真っ直ぐラインなら横から入り横に抜きましょう。見えてるラインに惑わされてはいけません。

0

こんにちは! やっぱり、ズルドンで完走から じゃないでしょうか?