回答受付が終了しました

吹奏楽部の低音木弦楽器いらない説、について

吹奏楽 | クラシック58閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

回答(4件)

0

そう思った人からすれば本当なんでしょう。 私は「だったら他の楽器やれば?」と思っちゃいますけどね・・・。 中学1年からバストロンボーンを吹いてる私からすると、逆に1stを取り合うクラリネット吹きの気持ちが全く理解できないですw

0

ホルンからあえてファゴットにコンバートした身からすれば、そのアドバイスは正しいといえます。 ただ、②群の楽器を担当したことの無い指導者が言うと、胡散臭い言い方になりますね

4

僕ね、いつも思うのだけど、低音の魅力、低音の役割を知らない人が多すぎると思っているのだけどね。 オーディオに凝るマニアも、低音域をとても重視するからね。 京大のブラスバンドを聴きに行ったら、低音楽器の充実しているのには驚くと思うね。 低音楽器は、目立たないから嫌だという人は、音楽の事を全く知らない素人だと思って良いと思うね。 質問から外れてしまったかな?

4人がナイス!しています

0

ほぼ同感です(^^)/ 長年かけて深い知識と豊富な経験と社会的利他的な考え方ができないと、「要らない楽器なんですか?」なんていう考えに至っちゃう。これは子供には無理だと思うよ。 ただ「自分の楽器をもっと好きになれば、その問題は解決する」に関しては、その通りだとも思う。本当にその楽器が好きなら、目立とうが役割が無かろうがメロディーだろうが休符だろうが吹奏楽で虐げられようが関係なくなるもの。 「自分の楽器が好きだけど、役目が薄くて寂しい」って言う人は勘違いしているだけで、本当は「役割を全うしている目立っている自分」が好きなだけだし、「ソロとかで目立ちたくないけど、役割が無いのは嫌」って言う人は、異世界転生ばりに「努力しないのに、何故か周囲に認められちゃった」に憧れているだけだしね(*^-^*)