ID非公開

2021/1/17 11:37

99回答

宇宙は偶然にできたものだと思いますか?それとも何者かが作ったものだと思いますか?

天文、宇宙 | 哲学、倫理129閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2021/1/17 19:59

宇宙が大きな生き物なのかな,とか思いました。ありがとうございます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ありがとうございました

お礼日時:1/18 20:13

その他の回答(8件)

0

宇宙の始まりと終焉の物語 宇宙は、自分で自分を産んだのです。 ~~ (宇宙Space)とは、無のビッグバンに始まり、膨脹拡散の果てに、無になろうとする。 膨脹拡散の果てには、物質M±は、急激に、絶対零度に冷却縮小される。 これを、ビッグフリーズと言います。 しかし、ビッグフリーズでは、宇宙は終わらない。 物質M±は、冷却縮小される事で、膨脹拡散が、やがて反転縮小に転じる。 これは、小さな物質は、物理学では、遠くに移動出来ない性質があるからです。 。。 やがて、引力の法則なり、ダークマター & ダークエネルギー 等の影響で、反転縮小に転じる。。 反転縮小の極みとは、フアイナルブラックホールの消滅。。 これを、ビッグクランチと言います。 しかし、ビッグクランチでも、宇宙は終わらない。。 フアイナルブラックホールが、消滅したか??に見えた瞬間。。 それは、まったく、新しい、特異点の出現。。 それは、まったく、新しい、ニュービッグバンの誕生 (宇宙Space)とは、(物質M±)と(エネルギーE)が、互いに変換を繰り返しているのです。 宇宙とは、自分で自分を産み、自分で消滅しようと試みるも、けっして無にはなれない。 つまり、(有=物質M±)と(無=エネルギーE)のせめぎ合い。 (宇宙S)とは、(物質M±)と(エネルギーE)が互いに反転を繰り返しているのです。 。 宇宙時間方程式 物理現象 (宇宙S) = (物質M±) ± (エネルギーE) ↑ これによる、 錯覚発生現象 (時間T)=(物質M±)±(エネルギーE) となります。 。 (物質M±)の姿、形、性質、の変化の様子によって、錯覚発生する、(宇宙空間 Space空間)、もまた、姿、形などが変化する。 (時間 T)とて、同じ事、 (物質M±)の姿、形、性質、の変化の様子によって、錯覚発生するのです。 。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。 この事は、過去に、【宇宙時間方程式】として、ネイチャー誌に論文投稿を済ましています。 詳しくは、【宇宙時間方程式】を検索して下さいね。 以上です。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 出会いと、別れは、天の導き。 森羅万象、この世の全ては、極めると逆転する。 これを、【陰陽逆転の法則】と呼びます。 では、この辺で、 御機嫌よう ~♪♪(=^・^=)♪♪ BY 逆転地蔵 。

0

私は宇宙は元からここにあり続けていた考えです。 こういう事で回答しているので載せてみます。 先ず太陽(恒星)の姿が誰も想像しなかったものです。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13228201453 上を辿ると1987Aと言うのが出ないのですが、それは下を入れ替えて下さい。 https://hubblesite.org/contents/media/images/1995/49/374-Image.html ブラックホールですが銀河の中心が実際に写し出されたという事で、上で現実に黒い丸でニュースで流れた話題を載せました。 そして我が天の川銀河でもそうであろうという事が、証拠で出ていると言われています。 それがこの中心で、恒星が何もないと思われる所を公転しているのが観測されているからです。 それでブラックホールは光さえ出ないとされているので、あたかも何もないようになっているので、これを観測していた科学者は、そこにブラックホールがあるから何もないように見えているのだと言っていて、銀河の中心にこれがある証拠としてます。 ところが私はそうではなくて、そこが空間だけなので本当に何もないのだと上で語りました。 丁度台風の中心が目になって、何もないのと似ている事で説明しました。 私の考える銀河は最初から熱の塊でしたが、外に恒星の群れを押し出して行ったので、最終的には出て行く恒星が多かった為に、中心の物が持って行かれたので、そこが空間だけになったのです。 それでもその中心で恒星が公転していたので、例えそこが空洞になってもそこにあった恒星はそのまま回り続けていました。 何もない所を回って見えている事になります。 ブラックホールがそこにある訳ではないのです。