新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

回答受付が終了しました

ひとり親世帯臨時特別給付金について

回答(4件)

1

もしかしたら対象になるかも知れません。 要件に「新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方」と、あるからです。役所に問い合わせるのが確実だと思います。 また、世帯分離について触れられている回答がありますが、私が住む自治体では同一住所であれば別世帯となっていても「生計を一にしている」とみなされます。児童扶養手当受給については基準が厳しいと考えて間違いないです。

1人がナイス!しています

0

私は、行政書士試験合格者で、法学修士学位を持つ公共政策学研究者です。 国と地方の正規の公務員経験もあります。 令和3年1月1日に遡って親の世帯と世帯分離しませんか。 そうなると、それぞれの世帯合計収入が下がります。 親と同居していても、2世帯住宅でなくとも、世帯分離は可能ですし、違法なことは一切ありません。 自分を世帯主とする世帯分離届を、市役所、区役所、町役場または村役場の住民課(住民票の係)で届出用紙に記入して出すだけです。 運転免許証、マイナンバーカードなど本人確認書類の持参は必要となります。 重要なのは、届出日が令和3年1月30日でも、世帯分離の日は必ず令和3年1月1日とすることです! 住民税賦課の基準日は、毎年1月1日だからです。 1月2日以降だと、当該年のメリットが低下します。 私の場合は、世帯分離によって親の介護保険料が年間78000円が年間39000円の半額になっただけでしたが、世帯分離のメリットは収入や加入健康保険の種類、世帯員の構成や年齢などによって個々に異なり、やってみないと分かりませんが、やってみるだけのことはあります。 ひとり親の子育て大変だと思います。

1

多分、無理かと思います 一度、市役所に問い合わせてみる方が早いかもですね

1人がナイス!しています