腕時計で同じステンレスでもブランドによって、傷が付きやすいとか付きにくいと言うのはあるのですか?

メンズ腕時計、アクセサリー83閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます!

お礼日時:1/25 13:57

その他の回答(9件)

0

そうですえね、ステンレスのどのような種類を使用しているのかわかりませんが、傷つきやすいです。 逆に言えば磨きやすいので簡単にきれいになります。 大きなへこみは別ですが、それよりセイコーの方がキズが付きにくいです、ダイヤシールでなくてもです。 メーカーそれぞれだと思います。

0

ロレックスに関して言えばほぼ唯一スーパースレンレスと呼ばれる904Lステンレスを使っているので違いはあるかも。他のメーカーはほぼ全て316Lなので違いはないです、904Lは酸化耐性は確実に強いですけど硬度が高いとは聞いたことないです。けど、、、ユーザーさんの噂や評判でロレックスは傷つきにくいって聞くので関係あるかもね。

3

違いはありますよ。 ステンレスは同じなどと言う、知恵袋の時計おたくらしからぬ?回答も散見されますが、ステンレスには非常に多くの種類があり、原価も強度も違います。 ものすごく簡単にいうと、スチールにクロームを混ぜたのがステンレスですが、そこにニッケルを混ぜると耐磁性や強度、耐食性が上がります。 腕時計に使われてるのはだいたい304っていうニッケルの入ったステンレスで、世間で最も流通してるステンレス。 ニッケルを多く入れるとより強度が増して劣化しにくくなりますが、ニッケルは高いのでコストもあがります。 パテックとかスイスの上位ブランドは、316という、そこにモリブデンを混ぜて性能を高めたステンレスを使ってます。 モリブデンっていうと、包丁にもありますよね。普通のステンレスより強度が強く切れ味が落ちにくいっていう。でも、強度がある分研ぎにくいのでコバルト鋼を混ぜて切れ味そのままで研ぎやすくしたりとかね。ステンレスは奥が深い。 丈夫さがウリのロレックスは、904Lっていうさらに高価で強いステンレスを使ってます。だから輝きを失いにくい…かも知れない笑 (所詮ステンレスなんで傷はつくし、ガシガシ使うような人には差がわかないと思う) 強度が高いステンレスは材料費が高いだけじゃなく、研磨に手間もかかるから当然高くなります。 もっとも、自慢できるような素材を使ってるブランド以外はステンレスの種類まで公表してないので、特に公表してないものの比較なら同じレベルではないでしょうか。 ちなみに数千円の雑貨時計レベルは、金属だったとしてもステンレスですらない亜鉛合金だったりします。(すぐ劣化する) よくファッションウォッチと雑貨時計をいっしょくたにする残念なえせおたくさんもいるけど、ケースの素材違いは重要なラインだと思います笑

3人がナイス!しています

904Lは硬いなんて聞いたことないという微妙な突っ込みを入れてる人がいますが、904Lは316と同じくモリブデンを数%含んでるので、ただのステンレスより特に加工後に硬度があります。 また「他メーカーは全て316」という、何を根拠にしてるのか謎に断定していますが、廉価なもの含めて全てステンレススチールの腕時計に316は使われてないと思います。 高級ブランド時計に限定してるのかも知れませんが(それでも自分には断定する自身はない…笑)、質問に対しては適切でないと思います。 むしろ一般的なステンレス鋼材は304が主流なので。

1

一口にステンレスと言っても数種類あります。 高価なステンレスもあれば安価なステンレスもあるようです。 磁石にくっつくステンレスもあればくっつかないステンレスもあるようです。 スチール(鋼)もそのようです。 純粋なスチールもあれば、再生のスチールもあります。 したがって、良質な素材をどれだけ使用しているのかによって違いが発生すると思います。

1人がナイス!しています