ID非公開

2021/1/19 0:05

1212回答

スノーボードについてです。

スノーボード467閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2021/1/20 16:55

谷周り結構苦手ですね…よく転んでしまうので。 カービングの時につま先とかかとの体重移動が分からず無理やり曲がろうとしているために転んでいるのかもしれないです。 スクールたくさんの方から勧められているのですが、ほとんど友達と行っているために受けれそうにないんです。 ちなみに「縦に落とす」というのは、一度ボードを直滑降のような形にするということでしょうか?

その他の回答(11件)

0

もしお時間があれば一度一回のランの中でゲレンデの端と端に何回タッチできるかというゲームをするのをお勧めします!そうすることにより可能な限り体が下に落ちていかないしっかりとグリップしたエッジングを学ぶことができます。そして速度もゆっくりなのでスピードとエッジングコントロールがさらにデリケートになります。しかしこの練習法を何本かやり体に教えてあげるとよりボードのエッジとあたかも会話できてるような感覚になります。それをする事が出来ればあとはその角度を自由自在に変更していくだけなのでそのあとは自由自在にライディングできる用になると思いますよ!頑張ってください!応援しています!

ID非公開

質問者

2021/1/20 16:45

いいですね!楽しそうなのでやってみます! 練習系の回答助かります!

0

切り上がりJターンを、丁寧にコツコツ積み上げてみて下さい。

ID非公開

質問者

2021/1/20 16:32

Jターン調べてみました! こういう練習したことないので動画とか見ながらやってみます!

0

カービングで100%ズレなしで、斜面を登る必要もなくスピード調整は可能です。 小さい円弧でターンを描く為に、板を湾曲させて、水平方向の雪面抗力を得るのですが、その時に垂直抗力も作用しており、それが減速要素になります。 深いターンをしてる人の滑った跡って深くえぐれてますよね? 落下エネルギー を変換しているから、カチカチバーンも深くえぐれるんです。

ID非公開

質問者

2021/1/20 16:21

上手な人は綺麗に減速しますよね。 私の場合とにかくターンが浅くて加速してしまい、姿勢が崩れてしまいます。 板の湾曲も練習する必要があるんですね!

0

根本的な問題が… カービングターンをする時にプレターン以外で縦に滑る感覚はないと僕は思っています。 ノーズが縦に向いている時も横へ横への意識です。 質問者さんは、カービングが縦に落ちながら、視線もゲレンデ下部を向きながらターンしてみえると思います。視線が下なので当然下に行きます。 極端に言うと真横に移動するつもりなぐらいですし、視線と頭の向きは真横よりも上部を見る(ターンピーク後)ぐらいのつもりです。 縦に縦に行っているので、どれだけ板を立てようと(現状ではたてられないですが…)しても無理です。 まずは視線と姿勢の意識を持ち、視線を横へ持って行きましょう。 例えが難しいですが、例えます。 リフトを下りて左にゲレンデがあるスキー場とします。降りて左に向かいバインをつけ滑ろうとすると、左手にリフト降場がありますね。この状況で縦につま先側でプレターンを入れて、かかと側のターンにカービングします。この時のターン中の視線をリフト降り場を見るぐらい向きましょう。最初はそれ位のつもりでないと癖は治らないと思います。それ位横を向く意識で滑ってみて下さい。 あと減速方法ですが山側にのぼるか、ターンピークまでにずらし減速させています。 いままで下ばかりを見て滑っていたので、多分超恐いと思いますが、頑張ってみてくださいね!

ID非公開

質問者

2021/1/20 16:18

やっぱり視線って大事なんですね… 思い出すと確かにターンの時に下の方を見ていた気がします。 見る場所を変えるのは怖いですが上達のために頑張ります!!