Lゴルフのフィッティング

ゴルフ51閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(7件)

0

フィッティングをするとクラブを信頼ができると思います。 軟鉄のアイアンの場合、ライ角を調整できます。 インパクト時にソール全体で接地するので抜けも良くなります。 基本的にヘッドとシャフトをマッチングさせないといけませんが、ヘッド性能7割、シャフト性能3割くらいだと思ってください。 例えば、捕まりが悪いヘッドを使っていて、スライスするからと言って、シャフトを交換しても、あまりいい効果は得られない場合が多いでしょう。 スライスの場合、捕まりの良いヘッドをチョイスして、シャフトでインパクトのタイミングを合わせるようにしたほうがいいと思います。 メーカーの純正シャフトは、かっこ悪いイメージがありますが、重量が合えば、ヘッド性能を上げる様な設計がしてあるので、ほとんどの人に合います。 自分にあったクラブで打つと、ミート率が上がり、結果的に飛距離と方向性が良くなります。 グリップの太さにも目を向けないと、フィッテングの意味が半減します。 一般的なフィッテングのイメージです。 とりあえず、ピンのフィッテングを受けてみて、自分にあった長さ等を知ることも大切でしょう。 振りやすさは、スイングバランスを調整すると振りやすかったり、振りにくかったりします。(シャフト重量が適正の場合) シャフトが重すぎると振りにくかったり、飛距離が出にくくなります。 まずは、自分にあったものを知ることから、始めてください。

1

スコアが良い結果になる。スコアが良くなることが一番大切な事。

1人がナイス!しています

0

全部です。 補足するとトータルセッティングを、です。 他スポーツと根本的に違う部分はラケット一本とかではなく、「最大14本の異なる道具を」「交互に使用する」部分です。 多少合わない道具でも人間には修正能力が備わってる為、数回使えばその道具に合わせて身体を使う様になります。 コレがゴルフでは問題となります 練習場や試打と違い、コースでは交互に別の道具を「一発で合わせる」必要があるのでセッティングが最重要となります。

0

アマチュアならクラブよりクラブの持ち方「グリップ」の方が大切で、 曲がる時は同じ方向に曲がるスイングを作る事が先ですが、1〜5まで 全て違うと思います。

余程の背が高いか?低いなら別ですが。。。 クラブのフィッティングは、スーツのオーダーメイドとは 違うので、注文する方にクラブの知識と、安定した持ち球 打てる技量が必要です。 持ち球が決まらない段階では スイング変わる度にフィッティングが必要に成ります。

0

私はクラブに対する信頼度が大幅に向上します。 ただ、フィッティングの数値を基準に 自分の好みを主張出来る感性が大事かとは思います。