高齢になってから体力づくりなどの目的でスキーを始める人がいるようですが、

スキー105閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(5件)

1

スキーがうまくなるにつれて体力というか筋力を使わないでも済むようになりました。効率的な操作ができるようになり、オートマチックにターンができるようになったために、筋力でスキーを回すことよりも、自分の体重で撓ませて谷回りに入れるようになったのだと思います。 疲れてきたら、適当にずらして滑れば、スキーが雪面とけんかすることもなくなりました。 ただし、普段からのウォーキング等で肺活量を高めておいた方が良いと感じています。

1人がナイス!しています

1

スキーをしていると脚に筋肉が付いて来ます。歩いたりランニングだけとは明らかに違い、結構使ってる事が分かります。それを感じさせず鍛えられるので、とても良いと思います。 なお、他の人の滑りに触発されず、マイペースで楽しむ事が重要です。

1人がナイス!しています

2

田代 政夫さんへ >高齢になってから体力づくりなどの目的でスキーを始める人がいる そうなんですか。。。 >スキーはあまり筋力を使わないし >ハードな運動ではない 飛んでも無い! 先ず、心肺機能を大きく求められます、積極的に滑ろうと思うなら。 そして、足元が滑り捲る環境での運動だけに、アッと思った瞬間の踏ん張りは、かなりの力仕事で全身運動に成ります。 これを激しく無いとして良い物かどうか。。。 >生涯スポーツとして良いですよね? 良いと思います。何故なら単純な運動では無く、感覚的な物が高度に求められる種目だから、です。 ボケ防止にイイんじゃないかと。。。f(^^;)

2人がナイス!しています

1

はい、おっしゃる通りです。 高齢者向きのスポーツと言われます。 歩く体力あれば滑れますから。

1人がナイス!しています