回答受付が終了しました

花嫁衣装には、必ずつける小物として、懐剣がありますが、その意味として知恵とやさしさ、花嫁の覚悟があると思います。

回答(3件)

0

・日本神話で剣が邪気を祓ったので、清めの意味 ・昔の成人式(元服)では男は切腹、女は喉を刺して責任を取ることを学んだので、嫁いでもいざとなれば死を覚悟するという意味。 ・武家社会のなごり ・昔は結婚のことを「向去(むこさり・むかさり)」と呼び、死して向こうの世に行ったと同じで戻れないという意味。

0

基本的には武家の名残で名誉の為には命をかけるという覚悟ですよ。 知恵と優しさなんて後付けでしょ。

1

たいそうな意味はないです。 貞操を守るための刀です。

1人がナイス!しています