ID非公開

2021/1/19 18:15

1111回答

二眼レフや蛇腹のブローニーフィルムが廃れて135が標準規格になったのはやはりカメラが大きいのが敬遠されたからですか。

補足

>こんな考えれば判る様な事を 何も解っていない人ほどそう言います。そして間違えます。人間は思い上がったら前へ進めません。 ブラックリストに入れて回答するのもやめてくださいね。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ブローニーフィルムは平面性の問題がありましたね。だから明るいレンズを作れなかった。

お礼日時:1/22 20:28

その他の回答(10件)

0

どんなものでも「優れている」というだけでは、覇権・・というほど簡単じゃないから面白いですよね。 進化の過程で生まれる時代が早すぎて滅びたり、当時の技術だと、良さが出る前に終わったとか、イロイロあるんだろうと思います。今のデジタル一眼レフもミラーレスも、後世に見返したら、バカくさ。と思うのかもしれません。 二眼レフ 測光、測距を分けるという発想は、悪くないと思うんですが。1つにできたほうがパーツ点数も構成も簡単になり、安く小さくできるから廃れるというのは仕方ないかなぁとか。 蛇腹 案外、これは形を変えて復活できそうな気がします。 撮影内容によりますが、センサーが巨大化したプロ機材で、筐体の軽量化やら持ち運びの収納を考えたら、折りたたんだり組み立てたりと言うのは有効に思えるので、どこかで復活しそうな気がします。 ブローニー(120/220) デジタル一眼レフで、APS-Cサイズにして。135ライカ判サイズにしても、採算とれるようになって。と進化していくなら、普及価格帯にブローニーが来る日も遠くなさそうです。 軽薄短小 なにごともこの4字が流行る傾向にありますが、ジャンルとして熟成すると、整理されて棲み分けする世界が来て安定化するんでしょうね。スマホなどのカメラが、それなり以上の画質を誇り、コンデジが駆逐され、入門機種というのもやがて絶滅するでしょう。(購入層が消えるという王が正しいのかな) ただ写真専用のカメラでないと撮れない。というジャンルは残りますでしょうから、超高級機と高級~中上位機種のみが、それなりに残り続けるだろうとは思います。この残る層は、撮りやすさをチャンスや大量撮影で評価する層になるでしょうし、画像・画質もそれなり以上とするでしょうから、多少の大型や重量は、それが高額消費人なったところで、問題にならないでしょう。

1

まあブローニーフイルムは消えるべくして消えたと思いますよ。今ではデジタルフルサイズの方がシャープにプリント出来ていますよ。ハッキリと書いて、それだけです。やはりフイルムと違って平面性がシッカリしている画像素子には叶わないですからね。

1人がナイス!しています

0

ブローニーは、憧れのカメラ 高価・撮影枚数が少ないそれらをも超える画質の良さ 35mmは、一般的な要求を満たしてる

3

フルサイズ程度でデカいなんて言う奴の気がしれない。 もしそれが苦労だとしても写真を撮る為の苦労ならそんな物楽しみ以外の何者でもないじゃないか、と思うけどね。 大きいことのメリットが何も無いなら話は別だけれど、今のプロ機の大きさはちゃんと意味があってあのサイズ感になっている。 意味があるものを、無意味なナマクラで否定するのは本気で意味がわからない。 小さいのもあるんだから黙ってそういうのを使っていれば良いだけの話なのにね。

3人がナイス!しています