ID非公開

2021/1/20 7:17

66回答

トランプ政権の期間中にアメリカ国内の分断が一気に加速しましたが元々火種みたいなものはあったのでしょうか?それとも、トランプ大統領に半分以上、責任があるのでしょうか?

国際情勢 | 政治、社会問題22閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

1

トランプ以前からあった問題を中央政界の誰もがまともに向き合おうとしなかったところに、そこに光を当てた素人トランプの出現で「これまで政界エリートに無視されてきた」と感じる人々がトランプに投票した。だから選挙に勝てたのですし、今回も勝ちはしなかったもののかなりの票を集めました。 分断をトランプ個人のせいにしているようでは、ますます分断は悪化しますよ。その意味で私はバイデンの現時点での評価は「落第」だと断言します。彼はトランプと逆の方向から分断を広げるだけの、古臭い20世紀型リベラリストでしかありません。副大統領のハリスもその枠を出てはいませんね。アメリカの未来は暗いかもしれません。中華人民共和国が覇権を握る最悪の21世紀は不可避になりつつあります。

1人がナイス!しています

1

分断は2016年時点の公約を実行することで始まりました。 公約を宣言して当選したわけですから、責任がどうこうはわかりませんが、その公約を実行しないで欲しい人達が反発し、分断が明確化しました。 ①不法移民を禁止し、国境に壁を作る。 ②国内資源を活用し、貿易赤字を解消する。 ③地球温暖化は嘘っぱちであり、世界的な環境問題の取り組みには参加しない。 ④ヒラリーやオバマはテロリストの親玉であり、無駄に海外の戦争に首を突っ込むことはやめる。 これを実行すると、困る人達が騒いでいるのです。グローバリズム経済推進派、地球温暖化論者、アメリカに入国したい人、麻薬業者や人身売買業者、テロリストと名指しされた人達。 昨日オバマはアルカイダに資金供与していたニュースがありましたし、人身売買業者が次々に逮捕されています。 誰にとって利益不利益があるかということで、不利益を受ける人達が大騒ぎをしてきました。

1人がナイス!しています

1

火種の様な事は数十年前からオバマ政権時代に闇勢力が増した トランプが観るに見かね選ばれしトランプが不動産事業家から行き成り大統領に 基本的にはトランプには責任は無く所詮、選ばれし神の操り人形、神の化身で昔より出現が予言されていた、とても神秘的で不思議だ 正義VS邪悪の戦いに勝利する 今後、1,2か月の間に真実が解る為に詳細は説明しない トランプが再選する

1人がナイス!しています

0

もともとあった火種を明確にしたということで、トランプ氏だけの問題ではありません 不法移民や、アメリカの貿易赤字で石油や石炭、鉄鋼など多く問題を抱えていたところを、そういった人たちへの公約を掲げることで当選、そして次々と実行に移したから、熱狂的なトランプ支持者がいるわけで、賛否両論。 不法移民による麻薬持ち込みやら、職を奪われるといったことは問題を明確に取り上げたということで、それは分断の種にもなり、賛否分かれること。 トランプ氏だけの問題ではありません。大統領には強力な権力を与えているから独裁と呼ばれるわけで、議会で話し合って決めていかないと分断を招くばかりに思えます 日本は逆に話し合いばかりで何も決められないイメージ

0

アメリカ国内の分断はトランプが招いたものなので、その火種も責任もトランプにあります。