伝統芸能(落語講談師)では、真打は、数年経つと、弟子を取りますが、年が師匠より年下でなくてはならない。

落語、寄席44閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

有難うございます。 やはり年上が弟子ではやりにくいでしょうね。

お礼日時:1/27 10:35

その他の回答(2件)

0

大昔過ぎて参考にはならないかもしれませんが 先代の三遊亭圓生には三遊亭百生という年上の弟子がいた例があります

1

落語、講談界では真打になれば数年も経たずにすぐにでも弟子をとることは出来ます。 現在、 落語芸術協会では入門の年齢制限を35歳以下と決めており、落語協会では30歳前後を目安にしていますが協会が最終的に決めます。 師匠の年齢より年下でなくてはいけないとは決まりはありません。 過去に師匠より年上の弟子というのは、立川流でプロ志望ではない弟子をとっていたときがあり、そのときにはいましたね。 それ以外には、勉強不足のためわかりません。

1人がナイス!しています