サッカーの試合について 大抵のスタジアムは屋根がなく、実質野外での試合になりますが

サッカー16閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

THANKS SO MUCH

お礼日時:1/25 6:10

その他の回答(3件)

0

サッカーは屋外競技として発展しました。この亜種がサロンフットボールからフットサルへとなり、屋内競技となります。 またテニスなどとことなり、低層階級にも開かれる歴史的経緯もあるし、何より広いピッチを使うため、ドーム状のスタジアムは、雪害のありえる北欧などを除き考慮すらされてきませんでした。 欧州発祥の競技は自然現象と共生する考えを持つ傾向があり、荒天に対する耐性が高めです。 なお、芝の問題も関係があります。 また、当方の回答は歴史的経緯に基づく保守的な観点であり、合理主義の現代・近未来において、考えが変化することがありえます

0

屋根がないのは天然芝は日光がないと育たないからです 天候悪い状況でも試合するのはその状態でも試合ができるから 野球やゴルフは天候悪いとできないから中止になる サッカーはできるからやる

0

スタジアムに屋根がある方がおかしいでしょうね。 それが観客への配慮から雨でも観やすい環境、炎天下でも観やすい環境と言うことから屋根が出来てきたのだと思いますよ。 ワールドカップの試合の開催会場の条件についてはFIFAが規定を出しています。 ピッチ上に水を撒くのは「パススピードが落ちないように。」という配慮からです。 パスが回る方が楽しいですからね。 基本的にはホームチームに有利になるような設定にすることが多いみたいですよ。 尚中止するのは「雷」「テロ」等となっています。 あとはマッチコミッサリー等と審判の協議の上に決定されるみたいですよ。 つまり基本的には雨でも雪でも開催されると言うことです。

もう少し詳しく言うと芝生なんですが、ピッチ上の芝生は全て同じ種類ではありません。 陽当たりの良い場所、陽当たりの悪い場所に応じて適切な芝生を植えています。 また夏と冬でも種類が変わってきます。 札幌ドームはグランド全体が屋根部分とスライドして全面的に陽が当たるので部分部分による種類の変更は必要無いみたいですよ。