新幹線ができて在来線を第3セクターにするかどうかの主導権は JRそれとも自治体のどちらにありますか?

補足

黒字路線はJRで 赤字路線は第3セクターで という認識でいいですか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(7件)

1

長崎新幹線の並行在来線でJR九州が運行するのは、 想定する赤字分を長崎県と佐賀県が前払いするからです。 20年後あたりには、又赤字額の補填が必要になります。 もう、現在の知事は引退しているから後は知らない? 経営は長崎県と佐賀県がしていて、運行をJR九州している状態になる。 JRが望まないところは、県が責任を持つ事になります。

1人がナイス!しています

1

沿線自治体は受け身 事実上、沿線自治体において 並行在来線の経営を引き継ぐ事が着工認可の要件みたいな感じになってるし どの区間を引き継ぐかで揉めているようでは永遠に着工認可は出ないから ほぼJR側の意向を飲むしか無い。

1人がナイス!しています

2

JRですよ。 元々この話は凍結されていた新幹線計画が復活し始めた際に、「黒字になるのかどうかわからない新幹線に投資を迫られて、加えて、赤字になることが見え見えの在来線の運営までやってられるか!」とJR側が訴えたことで、国が「~じゃ、並行在来線はJRが経営から手を引いてもいいよ」ということを言い出したことに過ぎません。 手を引いてもいいよ、と言うレベルの話ですから、主導権はJR側になります。

2人がナイス!しています

2

JRにありますね。 JR九州は川内~鹿児島中央、博多~新八代を残しました。 採算が取れる区間は残すようです。 儲からない区間を押し付けられた自治体はたまんないですね~。 ちなみに2年後に暫定開通の長崎新幹線(九州新幹線西九州ルート)は、並行している一部の長崎~諫早間も残すようです。 この区間も採算が取れるからJR九州が運営するんですね。

2人がナイス!しています

0

基本的に並行在来線を残す選択権はJRにあります。残っている川内-鹿児島中央と博多-八代、残る予定の諫早-長崎と小樽-札幌は収益をあげられると判断されました。 一方で自治体は「引き継がない」権利があり、そのため横川-軽井沢は廃止されました。 なお基準は一定ではなく、関係者の思惑があるようです。例えば金沢-富山と函館-新函館北斗は残してもよさそうなものですし、篠ノ井-長野と津軽線は経営分離されてもおかしくありません。