国の借金は政府の借金だけど、 最終的には国民に返済義務があるって本当ですか??

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(9件)

1

嘘です。 返済「義務」はありませんが、国債を税金で返済することは可能です。 しかしその場合、誰も喜ぶ人はいません。 国債を税金で返済した場合 国民:資産没収で大迷惑。暴動もの。 銀行:利息付き国債が無利息の日銀当座預金に代えられて大迷惑。 政府:財務省のパソコン内の「国債発行残高」の数字が減るだけ。喜ぶのはその数字を気にしている財務省の役人だけ。

1人がナイス!しています

2

政府は借金を返済しますが、全ての借金を返済する必要はありません。 政府は国債の償還期限がくれば、新たに国債を発行して返済するだけです。借り換えです。 借金を返済してゼロにする必要があるのは寿命がある人間だけの話です。寿命のない政府が借金をゼロにする必要などありません。 寿命のある我々の借金とは違うのです。 つまり政府は永遠に借金したままで問題ありません。

2人がナイス!しています