回答(1件)

0

ひと言で言えば生存給付金付きの保険です。 例えば、子供が生まれて父親が学資保険に入ったとします。 毎月の保険料を〇万円を支払い、子供の一定の年齢(大抵は入学時年齢)に合わせて給付金が支払われる。 万が一、契約者が死亡してしまった場合は毎月の保険料は支払い免除になる。 というものです。 拙者に初孫が生まれたら、N社セールスの友人から早速連絡が来てセールスされました。友達だし無下にも断れないので検討はしたものの、息子に話したら「この計算だと保険会社じゃなくても他に利率がいいのがあるから」と言われ、加入には至りませんでした。 ちなみに、保険料の計算はNのサイトを利用しました。 拙者は投資に疎いのですが、メリットとしては契約者である父親が死亡した場合は保険料が不要になることかな?でも息子は若いし死ぬ確率は低いな。 https://www.nissay.co.jp/kojin/gakushi/simulation/ もし加入するにしても、各保険会社の運用率に差が出るでしょうから、貯蓄型保険こそ各社の比較検討が必要だと思います。