冬に塗装はなぜよくないのですか? ムラ と

自動車 | 模型、プラモデル、ラジコン66閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

2
画像

2人がナイス!しています

その他の回答(5件)

1

自動車カテを選択されているようなので そちらに沿った回答を。 二液型ウレタン塗料などは、気温5度を下回ると、いつまで経っても塗膜が硬化しません。 よって使用する塗料によっては冬場は塗装に適さないのかと。 あと、、、埃について、 スプレーガンやエアブラシで吹き付ける場合、冬場は静電気が発生しやすくなります。 吹き付けている最中に静電気が発生すれば…塗装面に埃が付きやすくなりますね。 参考まで。

1人がナイス!しています

0

夏の問題は気温と湿度、 冬の問題は乾燥時の気温だよ。 乾燥時の温度を適正化できる環境なら夏も冬も関係無い。 埃は季節関係無いよね。 塗料は乾燥するにあたり適正温度があって、低すぎても高すぎても良くない。 湿度については高いと良くないが低い分には特に問題は出にくい。 つまり、エアコン最強。

0

プラモデルの場合は 乾きが遅い と言うのが主な理由です。よくないと言うより乾いたと思ってうっかり触って指紋を付けてしまうと言うトラブルが多くなる。 一般塗装の場合、塗料によっては化学反応でかたまるタイプの塗料もあります。その場合温度が低くなると固まりにくくなるだけでなく一定温度以下になると塗料自体が変質してしまいかたまらなくなったり変色、硬化不良、塗膜の剥離などが起こる場合があります。 プラモデル用の塗料のエマルジョン系でも、氷点下をかなり下回ると硬化不良を起こすことがあります。

>結露がし易くなり、白化現象が起きるからでしょう。 寒いときには結露が自然発生することはまずないです。 が、野外で塗装したものをいきなり暖かい部屋に持ち込むと結露が起こり白化します。また、塗装がうまく出来たか確認するために塗装した物に顔を近づけて息を吹きかけてしまうとやはり息によって結露することがあります。

0

寒さで塗料の揮発性が悪くなるのと 結露がし易くなり、白化現象が起きるからでしょう。