4年に一度うるう年があるのは一体何故でしょうか。

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お返事どうもありがとうございます。

お礼日時:1/27 6:41

その他の回答(6件)

1

地球の自転は24時間・・じゃ無くて23時間59分56秒なんよww んで 太陽の周りを一周して元の位置に戻って来るのに 365日っと6時間掛かるんじゃ~www 後は自分で算数をしなさいねw!

1人がナイス!しています

0

「地球が太陽の周りを公転する間に整数回自転しないから」です。 公転する時間を「年」、自転する時間を「日」で考えるので、整数回の自転回数で考えれば毎年少しずつ「日」がズレるので、そのズレを補正するための「閏」が必要になります。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
3

equ*******さんが正しい。 was*******さん、質問主さんを愚弄しておいて、自身が同じレベルの間違いをするのは、とっても恥ずかしいぞ。 1年が365.6日って自分も分かってないじゃん。

3人がナイス!しています

0

4年に一度うるう年があるのは、・・・・?? 質問者さんは何歳ですか?? 小学生ですか?? 一年間は・・地球が太陽の周りを一周する間、『約365日間』 正確には、365.6日程度です。 一日は・・・地球の自転する時間『約24時間』(約23時間56分)ですが、事実は、太陽が日本国の兵庫県明石市の天文台『東経135度』の真南に来る時間は『約24時間』としています。 太陽を一周する時間を4倍『4年間』で約一日分『24時間』です。 だから4年に一度、一年間を一日多くし、うるう年としています。 全世界同時にうるう年を当てはめます。 しかし、更に事実は、4年に一度のうるう年は少し多いので、400年間で、西暦が100で割れ、400で割れない年は、うるう年では無くしました。結果『400年間』でうるう年は97回になります。

0

一年は365日と約6時間あるのですね。 そこで、4年に一回一日(4X6=24時間)増やしてやらないと、夏至や冬至が合わなくなってくるのです。 そうすると季節が外れてしまうからです。 地球の正確な天体運行調整のために閏年が有るのです。 御理解出来ましたでしょうか。