警察学校は同僚の警察官が教えているのに何故厳しいのですか?優しく教えてもいいと思いますが。脱落者を出すのが目的ですか?

補足

警察学校の紹介動画がYouTubeにありますが、ふるい落とすとかいう気配が全くなく楽しく学べてクラブもあって運動ができて食事がおいしく教官は優しいのでぜひ来て下さいというような内容で騙されてしまいますね。

労働問題50閲覧

その他の回答(4件)

1

YouTubeやパンフレットに書いてあるようなことは全て拡大解釈です。(そんな一面も若干あるかもよ?的な内容です。) まず、警察学校にいる間は、研修期間中です。 不適格者を排除していく作業&警察に適応させていく作業をする場所です。

1人がナイス!しています

3

パワハラと指導の違いを象徴する良い例だと思います。 ホワイトカラーは個性を大切にしてできる仕事をしていこうという風潮がありますが、警察、消防や工事現場、自衛隊、レンジャーなど「命に関わる仕事」は適応できない人は辞めて貰う必要があります。 まず第一にその人の命が危ないし、下手をすれば周りの命も危険になるからです。 工事現場で新人が危険な行為をしそうになり「バカヤロー!」と怒鳴られて止まらなければ腕や指が吹っ飛んでいることがあります。 バカヤローでは無く、優しく教えている「暇」が無いんですね。0.5秒の世界です。 バカヤローと言われて傷つく人は辞めた方が良いです。腕が無くなるので。 命より大切なものはありません。

3人がナイス!しています

2

厳しいばかりではないと思いますが、国民の生命・財産を守る職業であり、拳銃の所持を認められた職業ですから、厳しい面もあると思いますよ。

2人がナイス!しています