ID非公開

2021/1/22 18:52

55回答

算数の割合の考え方を教えてください。

画像
補足

ご回答下さった皆さま、本当に本当にありがとうございました!! どの考え方も参考になり、少しずつわかるようになりました!! 皆さんのお力がカッコいいとも思います! これからも宜しくお願いします!

算数66閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます♪ お忙しい中、感謝します!

お礼日時:1/23 18:26

その他の回答(4件)

1

えーっと写真から読み取るとして 4/5は全体の4/5ではなくて1⃣から見た4/5であるところから 割合として考えるのなら1⃣は5/5と見た方がいいね で全体が207cmで4/5+5/5=9/5なのだから ○cmなら1⃣に相当するかってことになる 207:○=9/5:1(1⃣) 9/5×○=207×1 ○=207×5/9 ○=115 と1⃣に対する長さが出て来る

1人がナイス!しています

1

割合とは比べられる量がもとにする量の何倍かを表したものです。 例えば3%の食塩水200gあるとき3%は食塩水全体をもとにしたときの食塩の割合が3%だということで、食塩は200gの0.03倍⇒200g×0.03=6g含まれていることを表します。 この場合、207cmはもとにする量(1に当たる量)の1と4/5倍に当たりますから207cm÷1と4/5=115cmと求まります。 因みに2倍というのも割合です。ある量の2倍が60gのときある量は60g÷2で求まるでしょう?

1人がナイス!しています

1

< 「1と4/5が207cmのときに、1にあたる長さは何cmになりますか。」ということではないかと思います。 ↓ ここで、割合と量(問題のばあいは長さになりますが)は比例の関係になっています。(例えば割合が2倍になれば、長さも2倍になる。割合が1/2になれば長さも1/2になるような2つの数の関係を比例の関係といいます。) ↓ 例えば、「割合3が60円のとき割合1は何円ですか。」というときに、 割合1は割合3の(1÷3)倍になっているので、量も(1÷3)倍になるので60×1÷3=60÷3=20(円)と言うことになります。 ↓ ◆同じように、問題の場合では「1は(1と1/3)の何倍になっているかを求めまので、式は [1÷(1と1/3)]倍になるので、長さも107cmの[1÷(1と1/3)]倍になります。 そこで式は、 ↓ 107×{1÷(1と1/3)=}ということになり、{ }をはずせば 107×1÷(1と1/3)= となります。ただ、107×1の×1はしてもしなくても同じ計算結果なので省略すると、 107×1÷(1と1/3)=107÷(1と1/3)と割り算の形になります。 全体の長さを全体の割合で割れば、割合1に対応する量を求めることができるということになります。

1人がナイス!しています