海上保安学校の航空課程はたったの1年ですが1年でヘリや飛行機の操縦ができるようになるんですか

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:1/24 18:54

その他の回答(4件)

0

海上保安学校の航空過程は、航空機に関する基礎知識以外にも海上保安官としての業務を学習するようです。 ↓ 実機の訓練は、海上保安学校を卒業して、分校で学習するようです。 ・海上保安学校門司分校(北九州航空研修センター)(飛行機基礎課程)2年 ・海上保安学校宮城分校(回転翼基礎課程)約1年6ヶ月(指定養成校) ↓ 宮城分校で事業用操縦士免許(ヘリコプター)を取得 ↓ 現場に配置されます。 ↓海上保安庁のホームページ(パイロット募集要領) ※宮城分校と門司分校の説明の部分が少し分かりにくいです。 ※海上保安庁の人事課に直接問い合わせしたほういいと思います。 https://www.kaiho.mlit.go.jp/recruitment/enter/pilot.html

0

保安学校卒業後に仙台にある門司分校に行きます。 そこで数年間訓練を受け、補佐として現場に出るようになります。

0

どちらかだけで操縦の訓練だけでしたら1年で充分でしょう。 150時間~200時間以上は飛べるでしょうから。 事前に航空法や航空力学、航法、管制英語、航空気象などの 座学訓練は受けていると思います。