ID非公開

2021/1/23 1:09

22回答

減給の制裁って就業規則に定めがあれば、本人の同意があれば、制限額を越えていても有効なのですか?それならば、実際問題、会社に居づらくならないために了承してしまうのが現実多くなりますよね?また就業規則に定

補足

また、会社が減給の制裁の制限に違反した場合の会社に対する法的処罰はどんなものですか?

労働条件、給与、残業 | 法律相談24閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ID非公開

2021/1/23 2:14

ID非公開

質問者

2021/1/23 6:15

 懲戒処分による制裁ではないと主張されれば同意があれば、有効になってしまいませんか?

その他の回答(1件)

0

そもそも、就業規則に法律に反することが書かれている場合には、その部分は自動的に無効になり、労働基準法の基準に書き換えられることになりますので、減給の制裁の限度を超える減給の制裁は出来ないことになります。 ただし、おっしゃるとおり、「減給の制裁ではなく」「単に給与の減額(労働条件の変更)」の場合には、本人の同意があれば可能かとは思います。 また、単にその月だけ引くのであれば、月給の制裁の上限にプラスして、「給与の全額払い」に違反する可能性もありますので、注意が必要ですね。 そもそも減給の制裁に関しては、上記の「全額払いの原則」に反して認められる範囲のことですので、就業規則上何の規定も無く「減給の制裁」をすることは出来ません。根拠がないですから。