アコースティックギター、ナット調整 又は作り直しへのアドバイスを下さい。

ギター、ベース34閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、有難うございました。 カポを外して弦音が低くなるのは、ナットの不具合だと思い込んでいました。 やはり、都度チューニングが必要なのですね。皆様、本当に良きアドバイス、重ね重ね感謝しております。有難うございました。

お礼日時:1/24 21:15

その他の回答(3件)

0

>第一弦と第二弦だけが、若干音が低く カポの押さえる力は均一ではないので、 1弦側が強く押さえられている可能性が あります。 いずれにしろ、ナットの高さとの関係は、 それでは判断できません。 ナットの高さはカポと関係なしに、適切な 方法で判定する必要があります。

0

ナット溝の深さが高いことが、若干音が低くなる原因にはなりません。むしろ高くなるかも知れません。 また開放弦でAmコードを押さえた時、とありますがローコードの事ですか?それなら第2弦は押弦している状態なのでナットは関係なくなります。 ナットの溝は深さと溝底の角度、溝幅がシビアです。自分で作り直しは可能ですが一発で上手くいくことは難しいと考えて下さい。専用のヤスリがあったほうが有利です。だからプロに依頼すべきとは言いませんが自分でやるのはかなり根気が要ります。整形されたナットを買ってきてそのまま交換してハイ完成!というのも無くはないですが難しいと思います。 まずは適正な深さかどうか見てみましょう。各弦の第2フレットを押さえていって、第1フレットの天辺と弦に隙間がある程度がOKです。薄い付箋用紙が一枚スルッと通るくらいでいいです。紙が通らなかったり目視で隙間が無い場合は溝が深すぎます。浅い溝は深く出来ますが深いとどうしようもありません。ナット交換するか、またはナットの底に紙を敷いて高さを稼ぐ、またはナットを横方向にズラして溝を切り直す、または溝に瞬間接着剤を垂らして溝底を盛ってから溝を切り直す、その場合百均のは巧くいきません。 など方法があるので検討してみて下さい。動画サイトでやり方の説明が観れるのでハードルは低いはずです。 まずは、チェックを勧めます。 チューニングのやり直しが面倒だとの事ですがそれさえ治まれば良いんでしたら、カポをはめる位置に合わせて、薄いシートを弦と指板の間に敷きます。クリアファイルを小さく切って試して下さい。2枚重ねると多分厚すぎます。一枚プラス薄いシールが私の場合良かったです。何故音が狂わなくなるかは、その様子をじっくり見ればなるほどと思うはずです。ちょうど良い厚さのシートが出来たらカポと一緒に置いておきましょう。