昭和天皇はアメリカとの開戦には賛成していたんですか?

ベストアンサー

2
画像

2人がナイス!しています

その他の回答(7件)

1

結果的にGo命令を出したのだから賛成したことになる。

1人がナイス!しています

1

それは近衛文麿が首相辞職後から日米開戦までのプロセスを見ればわかります。次期首相選任の重臣会議で近衛が開戦反対派の東久邇宮を首相に推薦し、内大臣木戸幸一は終始一貫して対米開戦主張していた東条英機を推薦し、木戸の意見が通り天皇に奏上し、天皇が裁可した。そして天皇は東条首相就任後に対米開戦の作戦について何度も東条に奏上させ、疑問点は何回も下問している。また軍幹部を何回も呼び質問している。陸軍参謀総長の杉山元の杉山メモによると「南方作戦は予定通りできるか」とか「上陸作戦はそんなに簡単にできるか」「日米開戦したらどのくらいの期間で片付くか?」と聞くと杉山は「南方では3か月くらいで片付きます」と答えると「お前はシナ事変では1か月で片付くと言ったが4年もたってまだ片付いていないではないか」と杉山を叱責し、声を荒げて「アメリカには絶対勝てるのか」と聞くと、杉山は「絶対とはいえませんが勝算はあります」と答えた。これだけでも天皇が対米開戦に反対していていなかったのは誰にでもわかる。そして日米開戦となったのである。 開戦後もニューギニアやラバウルにもっと兵を送れと命令し、沖縄戦に兵力足らなければ逆上陸せよと軍に指示し軍はその通りに実行している。これだけ見ても天皇が軍の総帥としてその権限を如何なく発揮しているのがわかる。1945年に入り、もはや敗戦しかなく近衛文麿が戦争終結を早急に求める上奏に対しても昭和天皇は「もう一度敵をたたき、日本に有利な条件を作ってから」と拒否し、また広島長崎に原爆投下後の1945年8月12日の皇族会議でも国体護持できなければ戦争継続と朝香宮に言っていた。これが戦争反対していた平和主義者かどうか誰の目にもわかるというものだ。

1人がナイス!しています

2

君主が明確に反対しているのに戦争は行わないでしょう。内心どうだったかは関係ありません。

2人がナイス!しています

1

反対されていました。 当時の御前会議は、天皇は発言しないのが慣例でした。 軍部・政府が出した答えに承認するのみでした。 陛下は、あくまでも外交での解決を望んでいました。

1人がナイス!しています

0

昭和天皇は最後まで戦争に反対されていました。近衛文麿が政権を投げ出した後、次の総理候補には軍部も言うことを聞くであろう皇室の人間(東久邇宮稔彦王)が東條英機などの当時の大臣たちの中では有力視されていましたが、木戸幸一内大臣が軍部からの支持も厚く、天皇への忠誠心も深い、陸軍大臣東條英機を総理にすることで、昭和天皇のご意向通り、日米関係の平和的解決を果たせると考え、木戸内大臣は昭和天皇に東條を推し、昭和天皇もそれを承諾しました。東條は総理になり、天皇のご意向を聞くと、すぐさまに開戦派だった思想を改めて、天皇のご意向通り、平和的解決のため尽くしますが、アメリカはハル・ノートという当時の日本では到底受け入れられないような内容の要求を突きつけられ、東條は開戦せざる状況に追い込まれていった。 ここからは戦後の話ですが、1963年のマッカーサーの回顧録にはこう書かれています。「天皇の話はこうだった。『私は、戦争を遂行するにあたって日本国民が政治、軍事両面で行なったすべての決定と行動に対して、責任を負うべき唯一人の者です。あなたが代表する連合国の裁定に、私自身を委ねるためにここに来ました』 ――大きな感動が私をゆさぶった。死をともなう責任、それも私の知る限り、明らかに天皇に帰すべきでない責任を、進んで引き受けようとする態度に私は激しい感動をおぼえた。私は、すぐ前にいる天皇が、一人の人間としても日本で最高の紳士であると思った」 マッカーサーは昭和天皇は命乞いをしに来たのだろうと思っていたが、この天皇の発言に感動し、日本国民の多くの命は守られました。GHQはアメリカ政府から日本国民の半分を餓死させろと命令を受けていましたが、マッカーサーはアメリカ政府に虚偽の報告をし、日本国民の命を守りました。