回答受付が終了しました

ID非公開

2021/1/24 1:55

33回答

日本があらゆる大災害から短時間で復興してきたのは国民性によるものだと思います。そう思いませんか?

災害 | 日本史12閲覧

回答(3件)

0

災害からの復帰、復興を諦めて、移住したり放擲したなんて事例もいくらもありますけど 十津川なんて古代から続く、悠久の歴史を意図なんだ土地ですが、あっさり放棄して、集団移住と離散ですし。 日本史と日本の文化、祭祀における最重要ポイントの熊野大社だって、あれほどの「聖地」をあっさりと放棄して、今は空き地じゃあないですか。 rie********さんのご回答が正しいです。 >国民性によるものだと思います。 これがよく判らないのですが、かねてよりの風土論・日本論/日本人論(むろん、当の日本人が構築した民族論・文化論です)においては、日本人は執着しない、あっさりと新しい環境を需要する、それは文化においても顕著で、日本人ほど可塑性の高い民族はいない→だから、これほど多様な文化が花開き、世界を魅了するのだ!っていうような伝でしたが。 質問者さんは風土論にあたってみられたでしょうか。 むろん、質問者さんがそういう定説に対して異論、反論を加えるのは大事ですよ。 でも、それは具体性ある論理や合理的な説明を伴わないと、「そう思いませんか?」では、ただの感想だということに終わっちゃいますよ。 あと「確かに暴動・略奪が少ない国民性は」って回答がありますが、これも歴史をちょっとみれば、日本の民衆は明治になってもぜんぜん大人しくなく、大正期までは暴動や襲撃をさんざんやっている、荒いとさえいえる民族性ですが。 (だからどこの土地でも益荒男の類をことほぐわけですし) むしろ、カタストロフ状態から復興する日本の原動力は、こういう生命力に求めるのが筋ですけどねえ? (もしかして中学校くらいまでの課題だったら、日本人は粘り強く復興してきた、静かで努力する素晴らしい国民だぞ云々ってホルホルする筋で構いませんけどね。 でも歴史や社会の実相をみれば、俗論にもならないヨタですよ)

1

確かに暴動・略奪が少ない国民性は、世界が瞠目しました。 自然に人が通れる配慮をした行列ができることが当たり前な日本。それが災害時にも同様でした。 ただ災害の備えに関しては、逆であまりにも備えが脆弱です。巨大地震が想定されるているのに町を挙げての非難訓錬の実施がなされていない都市が多すぎます。巨大地震が起こった直後、大まかな後の行動を国民が熟知していません。政府や自治体のとる行動を時系列で国民が理解していません。危機感がなさすぎます。過去のデータからあと最長20年以内に100%起こっている東南海地震及び付随する巨大地震。政府・自治体は臨戦態勢になっていないことは明らかです。 「隠れ断層」が次々に明らかになり、把握されている断層地図が全くあてにならないことが分かってきました。日本には取り返しのつかない危険物は置けないのです。その現実に目を背けさせています。

1人がナイス!しています

0

歴史上、災害で放棄された土地はいくらでもある。それも国民性か。どっちも人類の性と言うべきだな。のど元過ぎれば熱さを忘れるのもだ。