回答受付が終了しました

鎌倉時代の仏教が覚えられません、、 もうすぐテストがあり、仏教の 開祖、宗派、特徴など覚えなければいけないのですが

日本史 | 中学校38閲覧

回答(3件)

0

簡単です。鎌倉時代の仏教は、新仏教系の人が6人で、内訳は以下の通り。 ・浄土系(3)……法然、親鸞、一遍 ・禅宗(2)……栄西、道元 ・日蓮宗(1)……日蓮 です。 このうち、法然と親鸞は師弟関係にあり、浄土宗と浄土真宗(どっちも阿弥陀仏を信仰する「南無阿弥陀仏」)なので覚えやすいです。日蓮は法華経信仰なので「南無妙法蓮華経」です。禅宗の宗派名(栄西は臨済宗、道元は曹洞宗)が少し覚えにくいだけです。 あと、旧仏教系では、教科書によっては明恵、叡尊などが出てきます。明恵(華厳宗)は変わった夢を記録した人で、ユング心理学の河合隼雄が取り上げて本を書いています。叡尊は律宗で、彼の教団はかなり大きかったようです。

1

日蓮宗、時宗(一遍宗)は覚えるまでもないでしょう。 親鸞が法然の弟子であるのが頭に入っていれば、浄土宗、浄土真宗もバッチリです。 あもは、我が家は曹洞宗なので道元だということはバッチリ。 あとは臨済宗が栄西だと覚えればよろしい。

1人がナイス!しています