差別について。最近物件を探していて、朝鮮学校の近くなどは辞めた方がいいよと言われました。どうして共存することができないのでしょうか。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なぜ日本は認めないのか、そしてなぜ在日の方は日本に住んでいながら日本を嫌うのか、私が疑問に思っていたことがクリアになったのでベストアンサーとさせていただきました。とてもわかりやすく、勉強になりました。ありがとうございます。

お礼日時:1/24 23:32

その他の回答(2件)

1

それは差別だと思いますね。 「朝鮮人」という言い方も私は好きではありません。 現在の日本が大日本帝国と言われるようなもの。 現代社会においては、誰も戦争を望んではいません。 仲良くしたいのです。 相手も同じです。 海外にも日本人学校が多くありますが、学校に通う子供たちが人種差別されたら悲しくなりませんか? 文化は違っても、互いに歩み寄ることが大切だと思います。 一部の人に偏見があるのは仕方の無いことです。 自分が「どう考えるか」が大事だと思います。 前に中国の都市郊外に行った時、日本人全てを凄く恨んでいるという中国人に会いました。 その人のお祖父さんは旧日本軍に殺されたそうです。 その恨みがずっと残っているそうで、今の日本人の考えを知りません。 私は一生懸命その人と話をしました。 最初は何も聞こうとしませんでしたが、時間をかけて丁寧に話している内に打ち解けてきました。 最後は、美味しい料理店を案内してくれ、料理店の店長も紹介してくれました。 話せば分かり合えることもあると思いますよ。

1人がナイス!しています

1

安倍晋三(当時総理)が朴槿恵大統領の時代に、何とか解決しようと歩み寄ったのですけどね。 最初は、安倍総理と握手するのも拒否するくらい日本嫌いだった朴槿恵も、安倍晋三の熱意に負けて、ついに、提案を受けることになりました。(日韓合意) しかし、日本の提案を受け入れた朴槿恵は、韓国でメチャクチャに叩かれ、同時に次々とスキャンダルが出てきて、弾劾によって大統領をクビになりました。 次に大統領になったのは、反日のリーダー的存在である現在の大統領、文在寅です。 文在寅が大統領に就任すると、日本との合意も無かったことにされ、次々と反日行為を行うようになりました。 韓国人の中にも、文在寅が大統領になるまでは、このまま韓国と日本は仲良くなっていくと喜んでいる人も少なくありませんでした。 しかし、文在寅が全てを台無しにしました。

1人がナイス!しています