この内容、馳星周だか大沢在昌だかの小説の一部だと思うんですが・・・。もしかしたらこの二人ではないかもしれません。

画像

小説 | 電子書籍8閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500