ID非公開

2021/2/9 22:00

33回答

彼が、国連のWFPのファンドレイザー(募金を募る人?)で月収50万貰えると話しているのですが本当なんでしょうか?なにか詐欺にあってませんか?

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

1

ファンドレイザー、ゴリゴリの営業系なので結構大変なお仕事ですよ。 外向けにはこんな素晴らしい仕事をしていると発信はしやすいですが、先の人が書かれていることは本人も寄付とはいったい…と悩みやすいところでもあるので、色んな意味で大変です。 少なくとも詐欺にはあっていないと思いますよ。(ただ、国連に所属しているわけではないと思いますので、対外的にいいところを切り取ってお話ししている感はありますが。)

1人がナイス!しています

1

本当です。実際にビジネスとしている会社があります。具体的な社名を出すと、「Do How’S 株式会社」「株式会社フロンティアダイレクト」「株式会社ファンドレックス」などです。 WFPには毎月一定金額を銀行引き落としやクレジットカード引き落としで行う募金があります。 上記のような会社の社員が、例えば月5,000円で誰かと募金の契約が出来たとします。すると、契約を取った会社にはインセンティブとして契約月額×10か月分のお金が入ります。5,000円なら50,000円です。 つまり、募金と言ってますが。だましてお金を集めているだけです。しかし、11カ月以上募金すれば本来の目的に使われるし、そもそも募金した先のお金はどう使おうがWFPの勝手なので、詐欺罪は成立しないそうです。 そのような会社は、募金の契約金額が高い社員にはボーナスが出ます。個人でやればなおさらです。 詐欺ではないんですが、詐欺に近い事をやります。でも、世界では認められていることらしいんですが、正直認めることはできませんし、法規制した方がいいと思います。

1人がナイス!しています