ここから本文です

オスマン帝国支配下のギリシアではトルコ語が話されていたんでしょうか?

kat********さん

2009/3/601:44:31

オスマン帝国支配下のギリシアではトルコ語が話されていたんでしょうか?

閲覧数:
336
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jpn********さん

2009/3/609:39:17

公用語はトルコ語だとしても、
一般的には言語まで統制していません。
オスマン帝国の専制支配は大変柔軟で、
納税さえすれば、大幅な自治も認められていたほどです。
だから600年も存続したのです。

質問した人からのコメント

2009/3/7 03:55:19

成功 ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2009/3/623:56:03

◆バルカン半島の事例として回答します。

1300年以上の歴史を持つ、今日のブルガリア共和国は、500年間、オスマン帝国に支配されました。首都ソフィアには地下教会が存在します。これは、オスマン帝国の圧力でした。しかし、ブルガリアの民族は、キリル文化圏の母国語を使い、東方正教会の信仰を守り続けてきました。オスマン帝国の支配とは、支配領土の民族へは、労働の強制、年貢の様な搾取までと考えます。

CASICOTI

hel********さん

2009/3/608:47:06

恐らくは、民間レベルではギリシア語でしょう。
オスマン帝国は15世紀からバルカン半島に勢力を拡大しましたが、被征服民族にトルコ語を強制したり、イスラム教スンニ派の信仰を強制したわけではなく、ただ征服民族としてイスタンブ-ルからやってきた代官等高官や、年月が経つにつれトルコ民族の一般人が流入するにつれ、トルコ語とギリシア語が混合した、という事です。
しかし税負担は帝国がハプスブルク帝国やロシア帝国に敗戦を重ね衰徴期にさしかかるにつれ、厳しいものとなり、被征服民族の反感をつのり、それをロシア帝国が煽る、という図式になります。

kieros2005さん

2009/3/608:39:33

オスマントルコの支配はギリシャだけでなくバルカン諸国やパレスチナ、アラブ世界にまで及んでいて、イスラムとしての支配は緩やかなものであったと思います。それぞれの自国語で話していたはずです。
ですからギリシャ人も当然ギリシャ語を話していました。彼らはイスタンブールのことを今でもコンスタンチノープルと呼んでいます。
ビザンチン帝国首都、東ローマ帝国首都としての誇りを今でも持っているようです。
第一次大戦後老帝国は解体していきますが、欧州列強の圧力でトルコもギリシャを手放すことを余儀なくされます。そのためにイスタンブール在住のギリシャ人はアテネなどへ移住を迫られ、家族離散などの悲劇もあったようです。その彼らが「誰がなんと言おうとわがふるさとはコンスタンチノープルだ!」と叫ぶのです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる