ID非公開

2021/2/15 21:35

44回答

福島の原発周辺の帰宅困難区域についての質問です。

2人が共感しています

ベストアンサー

1
画像

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

2

1、乗降可能です。 2、雨と雪が降ったから。 黒い雨、黒い雪 でもいわき市の汚染もすごいし、いわき市の子どもたちも癌だらけよ 茨城、千葉、東京、神奈川、静岡とかの汚染も酷いし、も被害は広範だわ。 北海道にも降り注いでるし。

画像

2人がナイス!しています

2

1 各駅周辺は期間困難区域指定が解除されています。 2 当時南東の風が吹いていたので北西に飛ばされた上、この方向には福島市へ向かう国道114号が通る谷があるので山が低い。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/2/16 10:00

この下の「いわき市などには殆ど当時は飛来しませんでした」は本当ですか 2021/2/15 17:35 (2)帰宅困難区域が浪江町の左上に広がってるのはなぜでしょうか。普通に考えたら同心円状に広がるかなと思ったのですが。 → ベント当時の風向きが南東方向だったため北西方向に放射性物質が多く飛んだためです。 避難円30km以内のいわき市などには殆ど当時は飛来しませんでした https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13238895608

2

1.双葉駅(双葉町)、大野駅(大熊町)、夜ノ森駅(富岡町)周辺は避難指示が解除されているので乗降可能です。 https://www.town.okuma.fukushima.jp/soshiki/kankyoutaisaku/13816.html https://twitter.com/43yuta81/status/1312241202150797314 2.事故当時に最も多くの放射性物質が放出されたのが2号機からの3月15日の放出で、その時に北西方向に風が吹いていたためです。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/2/16 9:21

この下の「いわき市などには殆ど当時は飛来しませんでした」は本当ですか 2021/2/15 17:35 (2)帰宅困難区域が浪江町の左上に広がってるのはなぜでしょうか。普通に考えたら同心円状に広がるかなと思ったのですが。 → ベント当時の風向きが南東方向だったため北西方向に放射性物質が多く飛んだためです。 避難円30km以内のいわき市などには殆ど当時は飛来しませんでした