回答受付が終了しました

ID非公開

2021/2/16 18:31

1515回答

なぜ一般道路から高速道路のSAやPAを利用できるところが増えているのでしょうか?高速道路のSAやPAはあくまで高速道路の利用者がトイレ休憩をする場所であって、部外者が使う

補足

なぜ高速料金を支払ってない部外者までSAやPAの施設を利用出来るのか私は理解が出来ません。SAやPAはあくまで高速料金を支払って通行している人がトイレ休憩をするために設置している施設です。

回答(15件)

0

ネクスコも民営に成ってからは「地域振興」も念頭に於きまして、人が集まる場所としてSAやPAを提供して居ります。 「新井」にはレンタサイクルも在り、ホテルも隣接。 徳光には釣りも楽しめ、温泉もあります。 人が集まれば、お金が動く。 結果、地域振興に役立つのです。 最近増えてきたスマートインターは地元自治体が誘致、工事費を負担して居られるそうですが、それで人が集まれば、地域振興に大変役立つのです。 最近では SAのパンやお菓子目当てのドライブも流行って居るそうです。

2

そりゃ高速道路利用以外の客も取り込んだ方が儲かるからだよ。 商売なんだから(笑)

2人がナイス!しています

1

逆に、高速道路のSAから近くの道の駅に行くことのできる施設が多くなりました。小布施とか、道の駅あらいとか。 上里SAだって、SAに駐車したままで一般道のお菓子の工場に行く人が多いです。 ですから、高速道路側のSAも一般道から使ってよいでしょう。 蓮田SAなんて、首都圏直下型の地震の場合を想定し、イザとなったら広大な救護施設となります。フードコートが広い救難施設になるんです。 東北道は緊急車両だけの通行となります。

1人がナイス!しています