ID非公開

2021/2/17 14:55

33回答

日本独特の受験数学がかえって大学入学後の数学理解の妨げになっているので、大学入試では検定教科書のレベルを越える出題はすべきではないという意見についてどう思われますか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

高校教科書の内容が理解できた生徒は早めに大学の内容に進んで行くべきだと思います。 渡部 由輝 コンピュータ時代の入試数学 崩壊から再生へ これを読んで下さい。

お礼日時:2/26 21:47

その他の回答(2件)

5

むしろセンター試験や共通テストも含めて時間制限が厳しくて考える暇を与えないような試験対策をしなければならないことの方が問題だと思います。そのような試験対策を行っていると、大学入学後も理解するというよりは短時間で解かなければならないと勘違いするということです。

5人がナイス!しています

2

入試問題は検定教科書のレベルを超えてはいない 少なくとも使われる定義なり定理は検定教科書の範疇 入試で駄目な点は、その使いこなしとして特殊条件のみでしか成り立たん事に主眼を置いている事 そんな出題を繰り返す中で、一部の教育者がその特殊条件でしか成り立たん事を結論のみ暗記させ、考え方を教えずにすっ飛ばし、中抜け状態になっているのが問題なのでは

2人がナイス!しています