回答受付が終了しました

マイナンバーカード再交付申請書が千代田区から届きました。 住んでるところは全然違うのですが、みんな千代田区から届くものでしょうか。

マイナンバー406閲覧

1人が共感しています

回答(3件)

0

住民票所在地が千代田区なのでしょう。 無関係の市区町村はありえません。 私はマイナンバーカード作成は絶対にお勧めしません 世界のマイナンバー制度(国民総背番号制)の実態を見ると オーストラリアは1987年に廃案 ドイツ 憲法違反判決 ハンガリー 憲法違反判決 アメリカ 犯罪大国 国防省の関係者は狙われやすいので番号制から離脱 韓国 犯罪大国 イギリス 悪用のためたった5年で撤回廃止 フランス ドイツやイギリスを例に導入せず このような現実があるにもかかわらず 利権のためにマイナンバー制度は導入されました。 「マイナンバー」と「利権」で検索するとわかりますよ。 多くの国民は見抜いていて「マイナンバーカード申請者が増えると消費税率が上がる」とわかっていますので 1割程度しか普及していないのが現実です。 (その一方で 利権関係者や マイナンバーを悪用したい暴力団、違法探偵などはこの事実を隠そうと必死です。知恵袋にもいると思いますよ。) まあこれでは回答にならないので、ご質問の件に回答しますと 写真の条件 サイズ (縦4.5cm×横3.5cm) 最近6ヶ月以内に撮影 正面、無帽、無背景のもの 裏面に氏名、生年月日を記入してください 白黒の写真でも可 スマートフォンのカメラで交付申請書のQRコードを読み取り、申請用WEBサイトにアクセスしてメールアドレスを登録 郵送の話なら 申請用紙を郵送するのが一般的です。 https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/ 地方公共団体情報システム機構 の私書箱に送られ それから以下の手続きを踏みます 写真などついて 後述の「地方公共団体情報システム機構」がチェックしますが 映りが悪いなどの理由で却下する基準は開示されていません。 なお 私はマイナンバーカードの申請をお勧めしません マイナンバーカードはトラブルがなくて1か月システムトラブルがあれば半年かかります 過去のQ&Aにもありますね。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10157356345 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13199004673 マイナンバーカードの申請については マイナンバー通知カード所得後申請 ↓ 地方公共団体情報システム機構 ↓ そこで写真の取り違え、記入漏れがないかをチェック(あれは返却) ↓ カード作成会社で作成 ↓ 日本郵便が配送 ↓ 市町村 ↓ 交付前設定処理(作られたカードの情報と登録されている情報が一致しているかの確認を一枚一枚やる。伝証明書が不要なら失効、破棄処理をする) ↓ 問題なければ交付通知書の発送 ↓ 交付処理(来庁して暗証番号の入力などしてもらう) 数か月かかります その際 マイナンバー通知カード 交付通知書 他の身分証明を持参する必要があります そして 交付手続きの時にマイナンバー通知カード 交付通知書は回収されます 提示する身分証明について総務省から市町村に書類が行っています A 次のうち1点 住民基本台帳カード(写真付きに限る)、運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成 24年4月1日以降のものに限る。)、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育 手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書 B Aをお持ちでない方は、「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載され、市区町村長 が適当と認める2点 (例) 健康保険証、年金手帳、社員証、学生証、学校名が記載された各種書類、預金通帳、医療受給者証 このような質問には AqoursやBTSのイベントがらみで 一か月後に間に合いますか? のような質問が多いですが システムトラブルがあれば一巻の終わりです。 身分証として考えているなら 普通の人は申請しません 時間もかかり 紛失時の悪用リスクが高く 免許証やパスポートなら身分証として認められるところでもマイナンバーカードは拒否されることが珍しくないからです。 16歳以上なら小型特殊免許とパスポート 15歳以下ならパスポート一択でしょうね http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13197231758 パスポートや小型特殊免許はマイナンバーカードなどに比べてはるかに身分証明能力が高く、 マイナンバーカードがNGのライブやコンサートでもパスポートなら確実に大丈夫ですし ネットカフェやレンタルビデオ店などでも同様ですね。

1

この組織は未だマイナンバーカードを持っていない人の情報を得て業務を行っています。不審がられても仕方ありませんね。

1人がナイス!しています

0

>みんな千代田区から届くものでしょうか。 そうです。皆さんも東京都千代田区のJ-LISから届きます。 J-LIS(地方公共団体情報システム機構)とは、「全国の市区町村長から委任を一手に受けて、マイナンバーカードの普及や製作を担当している事務局」です。 尚、この組織は、申請内容を審査し、カード現物を製作し、出来たカードを各市区町村に発送するまで行います。ご参考まで。