新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

島根県の丸山達也知事が東京五輪聖火リレーの中止申し入れとの事だが

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(10件)

0

東京集中のコロナ対策に対する鬱憤が、聖火リレーの件で爆発したんでしょう。 緊急事態宣言の対象外地域ったって、これだけ政府やマスコミが煽ってりゃあ、感染者が2、3人だからと言って飲みに出かける訳にもいきませんからね。そういう地域は当然協力金もないので、飲食店のダメージは計りしれないでしょうし。 知事会がもっと発言力を持って纏めろよ!とは思いますけどね。彼らの発言力はワイドショーや芸能人のツイッター以下。 まあ、徳島県知事が会長を務めてる段階で無理なんでしょうけど。県外排除を推し進めて当の本人は忘年会に参加する始末ですからねぇ。

0

色々調べてみたのですが、受け取り方次第では知事のパフォーマンスにも見えますよね、次の知事選へのための準備かなと私は思っています。 ただ、コロナで地域(島根県などの)経済は疲弊しています。観光や飲食は大打撃を受けていて、全国から人が来ない状況です。その苦しい中で東京オリンピックを開催するの?社会経済と感染対策の両立を図る、こういうところにもっと力を入れなきゃいけないんじゃないの?と国や政府に言いたいのかもしれないけど、それで聖火リレーを中止検討って問題が別のような気がするのですよね。 個人的には丸山知事のやり方は好きな方ではないです。なぜなら私には県民のため?っていう感じがしないのですよね、全く。 丸山知事が、どうしてこのタイミングでちゃぶ台をひっくり返したのかも分からないし、聖火リレーに関しては島根県の市町村のトップなどの関係者に相談することなく、知事独自の判断で「聖火リレー中止検討」の表明をしたため、各関係者が混乱しています。

1

竹下氏の上から目線の偉そうな言い方もどうかと思うけど、島根県知事も思惑が透けて見えるから、どっちもどっちだと思います。 島根県知事は、コロナの財政支援が足りないと文句を言うのが目的で、聖火リレーを利用した炎上商法だと思います。 知事さんは、島根の人命を守ると仰っていますね。 聖火リレーですら恐れているわけですから、五輪の本番も恐れて、選手の派遣を禁止しなければ辻褄が合いませんよ。(東京を批判するならば、積極的疫学調査をやめたから感染者が減少したかのように見えているだけだと言えばいいのに) 炎上商法をするような知事には賛同できません。(知事の連絡会議よりもTV出演を優先し、緊急事態宣言に関して迷走・暴走し、イソジンやガラスで炎上商法をしている知事にも賛同できません) 聖火リレーは、ランナーの感染対策はされるでしょうからやってもいいと思います。(見に行くなと言われても見に行くような愚か者がどうなろうが放っておけばいいと思います)

1人がナイス!しています