ID非公開

2021/2/21 11:22

77回答

どうして運転免許って,二輪車は排気量で,四輪車は重量などで区分する規定になっているのでしょうか?

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(6件)

1

二輪の車体を動かすには125ccで十分。それを超える排気量はパワーが余力となる。その余力のパワーを扱えるかどうかを判断するために排気量で免許区分を決めている。 四輪はその用途によって車体の大きさが違うし、その大きさの車を動かすために必要なエンジンを積んでいる。余計なパワーは付いていない。そのため車体の大きさつまり重量で免許区分を決めている。 四輪は重量と排気量は概ね比例するが、二輪は排気量と重量はほとんど関係性は無い。 ホンダのCB400SFとNC750では排気量の少ない前者の方が重い。

1人がナイス!しています

0

免許制度の初期は、二輪車は 自転車にエンジンを付けたもので、 30ccでも100ccでも走れました。 100ccでも今のようなパワーはありません。 クルマは馬車がベースだったので 最初から重い車体を動かすパワーが 求められました。 スタート時点がそもそも違ってました。

0

バイクはサイズを大きくしても意味がないから作らない。 車は排気量が大きくてパワーがあっても使い勝手が変わらないけど、大きさが変わったら使い勝手が変わる。

あぁ、バイクも排気量が大きくなったらエンジンが大きくてバランス取りにくいし、パワーの差がモロに使い勝手に出てくるね

0

確かにね。 いっそ二輪は「二輪一本化」、四輪は重量の他に「車体のサイズ」も区分分けに入れればいいのに。 いくらサイズがあっても、軽量なら普通自動車ですもんね。現行。

1

事故などによる被害の重大度を基準にすると 二輪車は重量より速度 つまり出力が支配的で 四輪車は積載量含む総重量や 乗車人数が支配的 だからでは?

1人がナイス!しています