野口英世は当初南米で黄熱病の予防・治療法を発見したとされていましたが、

日本史 | 農学、バイオテクノロジー46閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

彼の勉強不足ですね。 あの時点で、細菌ろ過器を通る病原体がある(まだ、ウィルスとは確定していませんでした)、事は知られていたのですが、彼はそういう文献を読んでいなかったみたいです。 言っては悪いですが勉強不足です。

0

そのころは光学顕微鏡で、まだ電子顕微鏡がなかったから、です。 野口英世の生前最後の言葉が「私にはわからない…」で偽らざる気持ちだったと思います。 ところで、ワイル病とは本当ですか?ワイル病も法定伝染病です。黄熱病と誤認でもワイル病を発見したならそれはそれですごいと思うけど。