回答受付が終了しました

ID非公開

2021/2/22 9:00

99回答

42年ぶりにピアノを再開した50代後半です。5ヶ月前から楽器店でレッスンをしています。最近ショパンノクターン9-2と華麗なる大円舞曲が弾けるようになりました。大人のピアノなので自分が弾きたい曲を選んでみて頂い

1人が共感しています

回答(9件)

2

50代後半からと言う事は趣味の演奏と思います。 月2回のレッスンにして30分ずつがいいのか‥>>> レッスンに行くのも楽しいとの事ですが 大人の趣味なら子供と違って素早く上達するので、さらなる上達にピアノ教室通いは不要です。 さらなる上達の為にはユーチューブのレッスン動画で充分です。 模範演奏はユーチューブで視聴します。 練習は自宅で毎日10分くらいで良いです。 ピアノ演奏は習わないと上達しないと言う世間の常識?は間違っています。 (プロになるならピアノの先生に師事することは必要ですが。) 最近ショパンノクターン9-2と華麗なる大円舞曲が弾けるようになり>>> チェルニーは30番がいいのでしょうか…>>> もう少しテクニックも欲しいです。>>> チェルニーは、そこまで弾けたら30番すっ飛ばして40番からやって下さい。 50番も併用してかまいません。 50番にあるアルペジオの左右同時進行練習はリストやショパンエチュードの演奏に役立ちます。 ショパンエチュード(これも練習曲集)の中には30番~40番程度で弾ける曲も複数あるので (10-9・25-2・25-7・25-8とか) 楽譜は先に持っておいて好きな曲で遊びましょう。 楽しく弾けてさらに上達できます。 ショパンエチュードを先にやると ポロネーズとかノクターンは楽勝で弾けるようになります。 Jpopの曲の練習も、左手のクラシックにないリズム感を養うのに約立ちます。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/2/27 20:59

ご回答ありがとうございます。コロナのためにおうち時間が多くなったのがきっかけで長い長いブランクの末再開したピアノですがとても楽しくなりこの先ずっと続けていきたい趣味になりました。性格的にレッスンを受けてモチベーションが上がるのでレッスンは続けたいと思っています。ショパンエチュードですか?!楽しく引けて上達できるなんて嬉しいです。ポロネーズは生きてる間に(笑)弾けるようになりたいと思っているので早速入手してみます。アドバイスに感謝です^ ^

1

長いブランクがある中、少しでもテクニック向上を目指すなら、問題はレッスン回数ではなく毎日の練習内容です。 はっきり申し上げると、レッスンは『実験結果発表』で、毎日の練習が『研究・実験』です。 研究や実験の充実が大切で、その結果をレッスンで先生に披露し、先生がアドバイスするという流れです。 レッスンで弾けるようにしてもらう、という姿勢でいると向上は難しいですよ。 向上させるのはあなた自身で、先生に出来るのはそのサポート程度なのです。 私があなたなら60分月2回にすると思います。 当然、毎日練習します。 レッスンには練習曲(先生にお勧めを聞く)、自由曲を持っていきます。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/2/23 11:41

そうですね。仰る通りだと思います。 やはり毎日の練習が重要ですね。レッスンは60分月2回にしようと思います。とてもわかりやすいアドバイスありがとうございます♪

1

>インスタで動画をアップされている方を見ると… その「インスタで動画をアップされている方」とは、 「42年ぶりにピアノを再開した50代後半で5ヶ月目」と同じような経緯の人ですか。 そうじゃなく何年もやられてきている人ならば、「どこと比べてるの?」という疑問が発生しないでしょうか。 子供のころにやっていたとは言え、42年ぶりに再会して5ヶ月目で >ショパンノクターン9-2と華麗なる大円舞曲が弾けるようになりました。 …なら相当立派なはず。 いろいろ試してみて、自分的にベストだなと思う方法を見つけてやったらよいだけではないでしょうか。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/2/23 8:09

ありがとうございます。再開した時正直ノクターン、華麗なる大円舞曲まで弾けると思っていなかったので嬉しくて練習も楽しくなって‥ 周りと比べずマイペースで練習を続けて行きたいと思います。気持ちが楽になりました。アドバイスありがとうございました。

1

レッスンでナニをやるか?、が問題ですね。 ちなみに、音大のピアノの授業(個人レッスン)の時間は、ピアノ科で40分、ピアノ科じゃナイと20分です。週1回たった20分なんですよ。 それでも十分に成果を上げることができます。・・・なぜ? レッスンっていうのは、家で練習した成果をみてもらい、指導を受けるモノです。 練習曲はたいてい1回弾くだけで、キチンとできていれば即〇です。 長い楽曲を1曲全部通して弾くのは完成の回だけです。それまでは途中で切って指導を受けます。 すなわち、レッスンまでにどれだけ準備ができているか?が肝心なんですよ。 答え ハノンを1~2回やって、ツェルニーなどの練習曲を1~2回やって、これで10分。残りの20分を楽曲に充てる。全然問題ナイですね。 ツェルニーは30番練習曲がいいでしょう。 ハノンは、キチンと目的意識を持ってやるなら価値があります。後半の「音階と終止形」や「分散和音」などはとても価値があります。前半のヤツをダラダラやるくらいなら、やらなくてもOKです。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/2/22 12:14

音大の個人レッスンがそんなに短いとは驚きです。やはり家での練習が大事ですね。これからはチェルニー30もきちんと練習しようと思います。せっかくレッスンを受けているので少しだけでも上手く弾けるようになりたいです。趣味として楽しくマイペースで続けて行こうと思います。アドバイスありがとうございました^ ^