ID非公開

2021/2/22 11:05

1111回答

嫁という言葉は何故使ってはいけないんでしょうか?

ベストアンサー

2

ID非公開

2021/2/25 22:32

2人がナイス!しています

その他の回答(10件)

2

「嫁」の使い方、他の回答者さんがおっしゃるように間違ってるんですよ。 嫁とか旦那とか、品性に欠けます。やめましょう。 夫婦でお互いを呼びあうときは夫婦間の呼び名で何でも良いですが、第三者に妻のことを表すときは、「嫁」と言ってはバカ丸出しです。夫から言われて何も思ったことがないとか、そういう問題ではないのです。

2人がナイス!しています

1

息子の妻を嫁と言います。 嫁と言う言葉を使えるのはダンナの父母のみということです。

1人がナイス!しています

2

バカは、妻のことを嫁と呼びます。 呼ばれたバカ妻も、嫁と呼ばれることに違和感がない、むしろ嬉しいと言ったりする。 バカ発見器として有効なので、妻を嫁と呼びたい人は呼べばよいかと。 ちなみに、嫁は婿の対義語ですから、嫁と呼ばれたら、夫のことは婿と呼びましょう。

2人がナイス!しています

0

>嫁という言葉は何故使ってはいけないんでしょうか? ➡「嫁」という言葉は使ってはいけないとは決まっていませんが。真面な意味で大いに使ってください。 芸人が炎上したのは、「嫁」という言葉の使いかたを間違ったからだと思いますよ。 「嫁」とは、そもそも<息子の妻>のことで、息子の親の側から言う言葉なのです。 奈良県出身の吉本の所属のお笑い芸人の明石家さんまが、自分の妻のことを「うちの嫁」と言い出して、芸人に広まったようですが、間違った田舎の方言で、共通語として通用しないおかしな言い方なので、炎上したのではないでしょうか。 ▯広辞苑 よめ【嫁・娵・婦】 ①息子の妻。〈倭名類聚鈔2〉 ②結婚したばかりの女。新婦。更級日記「越前の守の―にて下りしが」 ③結婚の相手としての女。嫁した女。妻。 ④「嫁が君」の略。風俗文選「鼠、一つの名はよめが君、又―ともよめり」 ▯大辞林 よめ [0] 【嫁・娵】 (1)息子と結婚した女性を親の側からいう語。息子の妻。 (2)結婚する相手の女性。「―を探す」「―をもらう」 ▯大辞泉 よめ【嫁・×娵・×】 (1)結婚して夫の家族の一員となった女性。「―に行く」↔婿。(2)息子の妻となる女性。「長男の―を探す」↔婿。(3)妻。また、他人の妻をいう語。「彼の―さんは働き者だ」 ▯日本語国語辞典 よめ【嫁・娵・】 1 息子と結婚してその家の一員となった女性。子息の妻。 2 妻。妻女。女房。また、結婚した当座の女子の称。 3 他人の妻を呼んでいう。人妻。