高一です信用創造で金の通過量が増えるのは、銀行間で貸したりする事に、返さなないといけなくなるから、それで通過量が増えるのですか?ただ貸していくだけなら、同じ金が移動してるだけですよね

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

0

信用創造とは、文字通り「価値を信用で創造する」という意味です。以下が代表的な信用創造です。 ・単なる石だが霊験あらたかで価値があるので価格がついている ・貴重な貴金属と交換できる紙幣 ・友達に物を貸す 元々お金は、金貨が限りあるのでその代用として使ったのが始まりです。そのため、初期の金融は”金本位制”といい、実際、銀行には金の延べ棒が保管されていました。 銀行の役割は両替と貸し出しで、元々はこの保管した金の延べ棒と交換できる紙幣の数は決まっていたのです。金何グラムと同等が〇〇円という感じですね。ですから、紙幣の買い物は金で買い物しているのと同じでした。 しかし、国が発展してくると、その紙幣を預けて他人に貸すようなことも起こります。これが銀行がやる場合は、紙幣だけを他人から集めて他人に貸し出すようになるわけです。ただし、銀行には総額1兆円価格の金の延べ棒があるとは限らず、しかしながら1兆円以上の預かり金ができる場合もあります。 この場合、もし1兆円を他人に貸し出し、仮に預金からお金を引き出されると、銀行の経営はなりた立たなくなります。そこで、銀行は貸し出す際に、金利をつけて、万が一預金が引き出されて現金が枯渇しても大丈夫なようにしておいたのです。 ここで、思い出すと信用創造は「価値を信用で創造する」のですから、1兆円の金の延べ棒がないのに、お札を刷って他人に金利をつけて1兆円貸し出すのは、ゴールド何グラムに対して以上に、お札の価値を上げることになりますよね? こうして紙幣は、他人に貸し出す現金が増える度に、10円札、100円札、1000円札、1万円札と額面を増やしていきました。このゴールドではない、人が作った紙幣などのモノに価値を上げるのは、全て金利を借りた人が払ってくれるから出来ることになります。 金利を払える=借りた以上に預金が増えるからです。 このように、誰かが借りた現金の金利を必ず払うという信用は生まれ、より多くの金利を払ってくれる人が増えていくと、ゴールドが無くても、人の信用だけでお金が増えていくことになるのです。 このような経済を『貨幣経済』といいます。 まとめますと、金本位制とは違い、貨幣経済は人間の信用(財産・労働・収益)によって債務が生まれ、銀行はその金利で更に他人に貸すことが出来、通貨の流動性が生まれる。人間の信用(財産・労働・収益)が増えると、同時に銀行の信用創造も増し、より紙幣を増やして債務も増えていくということです。 この貨幣経済で信用創造が資本(銀行預金等)を増やすことから、資本主義の基本原理となっています。