注文住宅を建てます。 無垢床の施工について教えてください。

補足

耐震が劣るのではないか気になっています。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

多くの方に施工としてはありと教えてもらえてよかったです。ありがとうございます。ベストアンサーは、たわみの可能性について最初に教えてくださった方に。

お礼日時:2/25 22:36

その他の回答(7件)

0

沢山回答がすでについていますが、我が家の庭にある木工室の床に30㎜のパインの無垢材を使っています。もう30年前に建てたのですが、今でも問題なくしっかりしています。アドバイスは、床のたわみを3㎜以内に抑えると以上件ですと、 ●根太レスで合板なしなら、大引き間隔を600㎜間隔(さね付き)に落とすこと。455㎜間隔(さね付きでない場合) ●無垢材はできるだけ、さね付きであること。4周さね付きがベストですが、長手方向だけなら、フローリングの継ぎ目は必ず大引きの部分に来るようにすること。 ●一階の床の問題ですので、二階の床と違って、地震時に対応する水平剛性には殆ど関係しませんので、別に合板なしでもOKですよ。

0

工務店の者です。 無しではないです。 ネダレス工法と同じです。 根太工法はその上に12ミリ程度の合板+床材。 ネダレス工法は根太は無い代わりに大引き、土台の上に分厚い合板(15ミリ以上)を敷いてから床材を貼るんですが、 30ミリの床材はそれだけで分厚いので一重でネダレス工法もとしているのです。 無垢の床材は収縮しやすいので、湿度が高ければ伸びて押し合い、乾燥していれば縮んで隙間が空きます。サネがあるので断熱材が見えるまではよほどのことがなければ行きませんが、高気密仕様にはできませんね。その仕様でなければ関係ないですが。 あと、やはり一度何か合板などを捨て張りしてからの方が、床材に接着剤が付着する面積が多くなるので、不具合が起きにくいです。 無垢材をフロア釘やステープルだけで留めつけるのは実際不可能、仮留めという考えで、ウレタン系ボンドをしっかりとマニュアル通り塗布することが重要です。 捨て張りするなら、30厚も不要なので薄くしてコストを合わせてもいいです。

0

やり方はアリで大丈夫ですけどひとつ懸念が。 季節によってフロアの収縮があり、冬場は隙間できますよ。下手すれば下の断熱材が見えてきます。構造用合板使ってノリクギ使って敷く方が影響少なくできますけどね。

0

一つだけ、土台火打入ってるかどうか、角に斜めに入るものですがそれが入ってるかどうか

0

一階の床は耐震性には関係ありませんし、「構造上重要な部分」からも外されています 床が無くても建物は変わらず丈夫なんですよ それに30mmはめちゃくちゃ分厚いです トレーニングルームにしようがピアノを置こうが困るような事にはなりませんよ