回答(2件)

0

中央構造線沿いの地震は、 1596年 9月1日 慶長伊予地震 M7.0 9月4日 慶長豊後地震 M7.0 - 7.8 9月5日 慶長伏見地震- M7 1⁄2±1⁄4 からの、9年後 1605年2月3日 慶長地震(南海トラフ地震) 今年中央構造線沿いが騒がしいのなら、 9年後の2030年に南海トラフ地震。 2016年の熊本地震を中央構造線沿いとするのなら、 2025年に南海トラフ地震。 過去と同じパターンなら、5年後か9年後でしょうね。 それよりも気になるのは、 17世紀前半ですから1,600年になってからですが、 この時期に千島海溝南部(十勝沖から根室沖まで)を震源とするM8.6クラスの地震が発生したと推定されています。 1611年または1635年説ありますが、 中央構造線沿いの慶長伊予地震 、慶長豊後地震 、慶長伏見地震から 慶長の南海トラフ地震までの9年間か、 その直後1611年または1635年に千島海溝の地震が起きています。 南海トラフ地震と千島海溝の地震が立て続けに起きても 過去に前例がありますのでおかしくはありません。

0

もう少し先ではと思います。起こるなら前震が一回あって、その後にいよいよ本震でしょう。私は年内に首都直下型地震か南海トラフ巨大地震か千島海溝の巨大地震のどれかが年内に起こると常日頃から言っています。今年の後半でしょう。