ID非公開

2021/2/23 22:35

22回答

500枚です。安土桃山時代、織田信長について教えてください。

画像

日本史24閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2021/2/25 17:04

ありがとうございます!やっと理解出来ました(><)とてもわかりやすく説明して頂いて感謝です

その他の回答(1件)

0

Q「年表に書いてる出来事全部教えて欲しいです。お願いします。」 年表の間を捕捉してみます。 父親・信秀の代から今川家とは争っていた。 父親の代から美濃斎藤氏とも争っていたが斎藤氏の濃姫と信長が結婚し斎藤氏と婚姻同盟を結んだ。 信秀は尊王心が強く朝廷と懇意にしていた。 ↓ 1560年 桶狭間の戦いで今川義元を破る。 ↓ 舅・斉藤道三が息子・斎藤義龍に殺されたので敵対関係となった。 ↓ 1567年 美濃斎藤氏を滅ぼす。天下布武の印字。 ※ 天皇・朝廷への忠誠心から天下布武(天下を布の歩幅で節度を持って歩く意味)の印字を用いたとされる。 ↓ 信長は幕府凋落を憂いて足利義輝・義昭と2代に渡ってよくコンタクトを取っていた。 ↓ 1568年 足利義昭を奉じて入京。 ↓ 朝倉氏に将軍への助成を申し出たが断られたため朝倉氏を攻撃するが、浅井氏が朝倉方について争乱となる。 また浅井・三好・本願寺からなる「第一次織田包囲網」が組まれた。 ↓ 1570年 姉川の戦い。浅井・朝倉軍を破る。 ↓ 姉川の戦いで敗れた朝倉氏が比叡山に匿われ引き渡しを要求したが断られた上に朝倉氏の反抗も始まり領土を侵される。 また、この頃から信長の統治と、将軍・義昭の統治に不和が興じて争い始める。 ↓ 1571年 比叡山延暦寺を焼き討ち。 ↓ 将軍・義昭が信長の統治を良しとせず「槇島城」に篭って反旗する。 同時に将軍・本願寺・朝倉・浅井・武田などなどから「第二次織田包囲網」を組まれる。 ↓ 1573年 足利義昭を追放。室町幕府を(事実上)滅ぼす。 ※ ここ実際は室町幕府はまだありました。政庁として機能しなくなったので室町幕府が滅んだと言う解釈です。 ↓ 第二次織田包囲網の勢力を各個撃破して行く。 ↓ 1574年 伊勢長島の一向一揆を滅ぼす。 ↓ 第二次織田包囲網の勢力を各個撃破して行く。 ↓ 1575年 長篠の戦い。武田勝頼を破る。 ↓ 将軍・義昭が毛利家に逃れ将軍・本願寺・上杉・毛利といった「第三次織田包囲網」が組まれる。しかし、上杉謙信が亡くなり、本願寺と毛利家が「第二次木津川口の戦い」によって織田家に敗れ包囲網が瓦解する。 ↓ 1580年 石山本願寺を屈服させる。 ↓ 幾多の「織田包囲網」の難を潜り抜け 内外の敵に討ち勝ち「織田政権」が樹立されると朝廷との間で「関白・大臣・将軍」の三職のどれかに信長が就くかの話し合いが開始される。(三職推認問題) ↓ 1582年 本願寺で変により敗死。 これでどうでしょうか?

簡単に言いますと「室町幕府」が大事とし将軍を盛り立てて行こうと上洛しましたが、途中で仲違いし決裂してしまい、一本独鈷で「織田政権」を立ち上げたのですが直後に「本能寺の変」を起こされ非業の死を遂げました。 将軍以外にも、浅井家などなど 常に仲良くなったら仲違いし続けています。