本が読めません

読書23閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

ニーチェは、『ツァラトゥストラはかく語りき』のなかで、こう言っています。 「他人の血を理解することは容易ではない」 齋藤孝氏は、「身になる読書」のためには、ふたつの「みどく」、「身読」と「味読」を推奨しています。「身読」は、身体をもって読む、「味読」は、文字通り味わって読む。 いいかえれば、心に刻み込むように読み、脳に染み込ませるように読む、ことです。 はじめは、じっくりゆっくりと、一字一句なぞるように読んでみる。少なくとも1か月でも続ければ、変化が起きるはず。変化していなければ、齋藤孝氏によれば「本を味わい尽くしたとは言えない」。 ニーチェは、『ツァラトゥストラ』のなかで、またこう言っています。「血をもって箴言を書く者は、読まれることを望まない。暗唱されることを望む」と。