東京はなぜ超高層ビル少ないのですか?地震大国だからですか??

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

確かに、地震対策としてビルの基礎や構造を頑丈なものとするため、ビル建設のコスト増となって普及を妨げていることも要因の一つでしょう。 でも基本的には建築規制が一番大きな要因だと思います。 昔は高さ100尺(33m)の規制により超高層ビルは建設できませんでした。 今ではだいぶ緩和されたとはいえ、航空法による高さ制限や容積率制限など多くの規制があるので海外の新興国の様に派手な摩天楼とすることはできません。 でも最近は東京でも結構高い超高層ビルの建築が多くなってきたと思います。 特に東京駅日本橋口前に建つ常盤橋プロジェクトのトーチタワーが390mで東京のランドマーク的な巨大なビルです。 2027年度までの高さ200m以上のものをざっと並べてみました。 名称 高さ 地上階 所在地 竣工予定 虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 222m 54F 東京都港区 2021 常盤橋タワー 212m 38F 東京都千代田区 2021.6 八重洲二丁目北地区 240m 45F 東京都中央区 2022.8 歌舞伎町一丁目地区 225m 48F 東京都新宿区 2022.8 虎ノ門・麻布台地区 A街区 325m 64F 東京都港区 2023.3 虎ノ門・麻布台地区 B-1街区 263m 64F 東京都港区 2023.3 虎ノ門・麻布台地区 B-2街区 237m 54F 東京都港区 2023.3 虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 266m 49F 東京都港区 2023.7 芝浦一丁目建替計画 S棟 235m 46F 東京都港区 2024.10 東京駅前八重洲一丁目東B地区 250m 50F 東京都中央区 2025.3 三田三・四丁目地区 211m 42F 東京都港区 2025.3 赤坂二丁目プロジェクト 210m 43F 東京都港区 2025.10 世界貿易センタービル本館 200m 37F 東京都港区 2025.12 日本橋一丁目中地区 284m 52F 東京都中央区 2025.12 八重洲二丁目中地区 240m 46F 東京都中央区 2025年度 西麻布三丁目北東地区 200m 55F 東京都港区 2026.6 Torch Tower(トーチタワー) 390m 63F 東京都千代田区 2027年度