ID非公開

2021/2/24 13:23

77回答

ジェネリック薬品を置かない薬局は利益優先薬局、

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ありがとうございました。他の方のご回答から、安いジェネリックを選ぶ薬局への国の支援制度があることを知りました。それによりジェネリックも普及したわけですね。危険性も指摘されました。後発品も同じ審査・認可制度であれば危険性は同じです。もっとも、どこぞの国と同レベルの怪しい製薬会社が国内から出たことには驚きます。今回の体験と皆様からのご指摘を踏まえて、長らく利用している安い方を選びたいとは思います。

お礼日時:2/28 18:47

その他の回答(6件)

0

自分は先発品のみですね。 日本の薬事行政は薬害の歴史だと言っても過言ではないでしょう。 厚生労働省は国民を守る機関で無く医歯薬業界を守る機関なのですから。 それは現在でも同じようなもので小林化工のような事を起こしてしまっています。 他の多くの医薬品メーカもそんなメーカーが製造した製品を自社の製品として検査もしないで販売した事になってしまっています。 参考。 https://www.info.pmda.go.jp/kaisyuu/rcidx20-2m.html 先発メーカーが安心という訳ではありませんが危うしには近寄らずと感じています。

ID非公開

質問者

2021/2/28 18:30

私は 国は、国民を守ると同時に業界を守っているとは思いますよ。個人負担が減る営みを国が行うだけでも、国民はそこで利益を得ていますので。 もっとも、既存の制度がコロナにかかる遅滞にも通じており、見直しがあって然るべきとは思います。もとより、日本の医療水準、東南アジアと大差ないか、遅れているかもしれず…。 小林化工の例は確かにひどいですね。途上国並み…。小林…と聞くと隙間商品の創作に熱心で商品に占める広告費も相当かもせれません。それにお灸を据えるのも国の制度でしょうか? ジェネリックが心配なのは確かかもしれませんが、新薬でも、歴史的問題例はあるわけで、むしろ時に新薬の認可が東南アジアより遅れたりしかねない制度が問題かもしれません。 話題が逸れました。質問は薬局でした。 薬局によっては、ジェネリックも複数あればより選ばれるジェネリックでないと生き残れない時代でしょうか。

0

ID非公開

2021/2/26 23:46

逆ですね。 儲け優先な薬局ほど、やみくもにジェネリックを勧めます。

ID非公開

質問者

2021/2/27 14:44

私の場合は、医師がジェネリックを指定して処方しているのに、薬局側が対処せずに、わざわざ高い正規薬を処方したケースです。 患者負担はジェネリックの方が安いですから、患者側からすればジェネリックがよく、この場合は、医師もそのジェネリックが問題なしと認めている場合ですね。 薬局側がジェネリックを進めたのではなく、ないので高い薬品を買わせ、その際に正確な説明ができなかったというものです。

0

薬局はジェネリック出した方が儲かりまっせ。 ジェネリック加算が取れてこれがバカにならない。 なので利益優先の薬局ほど先発品ださないのです。

ID非公開

質問者

2021/2/25 6:18

ありがとうございます。 薬局がジェネリック薬品を売った方が利益になるとはすごいお話、革新的なご回答となります。 具体的に伺いたいのですが、 ジェネリック加算とは何ですか? 加算するのはどなたですか。 薬局への卸し売り業者がそこまで値引きするということでしようか。 その加算とは後発品ではない先発品より利益か上がるほどの金額なのですか? ジェネリック薬品は1/3ほど安かったので、仮にご案内の通りであるならば、1/3超の加算をしないと薬局は儲からないこととなります。 となれば、 ジェネリック薬品は先発(新規開発)薬品に比べ、元々の卸し価格は1/3弱でないと、薬局は初発薬品超の利益を得られないということになります。 そうでもしないいけないほどに、後発品はリスクが高いく、薬局は選びだがらない医薬品ということになります。それでよろしいのでしようか。 ジェネリック薬と先発(初発)薬との違いはなんですか?

0

そう判断するのは自由です。 ただ依然聞いた事があるのですが、ジェネリック薬品は薬効成分のみが同じで、薬効成分以外は同じではないとの事で、もし万が一違う成分が原因で問題がある恐れがあるから、ジェネリックは取り扱わない、という所もあるとか。