ID非公開

2021/2/25 0:05

22回答

仕事の粗探しをする人について。

職場の悩み | ストレス25閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:3/5 7:27

その他の回答(1件)

0

十分条件として有効な範囲であれば仕事の役に立ちますし、十分条件以外であれば、十分条件との整合性や優先順を確認する事になると思います。 まず「プレイヤーありき」の業務であり、 「長期的な再現性」を前提とした社員確保である以上、成果にも相応に期間的な再現性が必要であり、 仕事の成功を前提に機能構成されている組織である以上、間違えてはならない訳でなくとも「平均的に95%位の業務品質」が求められているでしょうし、それは部署や会社に対しても同様なのでしょうが・・・ システムで文書化されていった結果、仕事の十分条件の「定義」ができない環境が多い事に、世代ギャップが発生しているように感じます。契約などの外枠からでは舵が効かない、データドリブンな自業務のあり方でなければ、システム化された大型船は動かないでしょう。もしかしたら「複式で、現実と整合性を持ち、虚飾なく蓄積されたデータが、未来に於いてどうなるのか?」から始まり続けるデータドリブンという言葉自体が「金額ベースの辻褄合わせ」に壊されているのかもしれませんが。