以前(1年前)、Windows7を使用していてメモリは16GBほど積んでいたのですがPC自体は10年前のものでしたが動作がものすごく遅い気がしました。

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

具体案をおしえてくれた、demさんの意見をBESTアンサーとさせていただきました。 有難うございました。

お礼日時:3/5 12:19

その他の回答(6件)

0

一番の違いはやっぱりHDDとSSDの違いですね。 10年前のCPUでも、Celeronとかの廉価グレードじゃなきゃ普通に使うぶんにはそんなに困らないです。 ノートパソコン用の小さいHDDは、Windowsを安定して使うにはあまりにも遅いです。最近のノートパソコンはSSDが標準装備になっているものも多いので、ここ由来の遅さを感じることは少ないですね。

1

当たり前でしょb(^-^ 詳しいも何もなく、逆に10年前のMacが今のWindowsPCと比べたら同じ答えになりますよ。

1人がナイス!しています

1

日々更新嵩み次第遅く成る。即ちMS製窓成り。 購入当時サクサクだったのに、数年で大量のSPやらKBやら嵩んで遅い。 是悪質成り。 この回答は第一線現役WindowsVistaで書いてます。

1人がナイス!しています

3

10年前のマシンじゃそりゃジャンクでしかない。 SSDに交換したなら体感的にはマシになってたかもしれないけど、古いものは古い。 そしてメモリ32GB搭載したMacだとIntel機だから、下手したら2年後には買い替えって話になると思うのだが。 https://www.apple.com/jp/newsroom/2020/06/apple-announces-mac-transition-to-apple-silicon/

3人がナイス!しています

2

古いパソコンはハードディスクだから。 Macでも10年前のハードディスク搭載機種は死ぬほど遅いです。

2人がナイス!しています