回答受付が終了しました

エレキギターの木の材質やボディの形状ってぶっちゃけほとんどの人には音を聞いただけでは分からなくないですか?

補足

主に歪ませてる場合です。 アンプに繋がない状態でのサステインの違いや生音の音質の違いは多少分かります。

回答(21件)

1

以外とそんなものですよ 材がなんだとか 聞き分けられなくても なんの材だから・・・・じゃなくて その聞いた音が良いかどうか 好きかどうかがわかれば それで良いと思ってますね 高い安い とかじゃなく はっきり こっちの方が好きって思える方が大事かなって思いますね

1人がナイス!しています

1

音を聞いただけで材の違いを当てれる人はそういない。 けど材を換えると音は変わる。結局は自己満足の世界。 高級材やタップトーンがイイものが良い音になるとは限らないっていうのが興味深い。

1人がナイス!しています

1

材がなんだかはわからないでしょうが、硬い木かどうかっていうのはなんとなくわかると思います。

1人がナイス!しています

0

セミアコなどのホロウ系はわかる場合も多いかなと思います そうでない場合は、同じPUかつアンプで……のように条件を揃えた場合に、聴き比べたらわかるとは思いますが、パッと聞いてわかるのは、それだけ個性のあるギターとたくさんのギターを聞いてきた耳を持つ人が揃わないと難しいかなと どちらかというと、出音というより 演奏者側に伝わる振動とか、細かいタッチの表現などのフィードバックが演奏者の好みとマッチするかという要素のほうが大きい気がします 演奏者が気持ちよく弾ければ、より良い演奏になり、良い音になる、という理屈で聞く人にも分かるレベルでの差になる可能性もあるかなと思います。