家を借りる際の 契約書の連帯保証人について

賃貸物件19閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

賃貸契約書の連帯保証人というのは必要です、不要というケースはないと思ってください。 >何に基づいて連帯保証人を立てることとなっている・・・・ これは民法に基づいていると考えてください、この場合は賃貸契約の家主を守ってるということです。 賃借人が家賃を何カ月も支払せずに夜逃げでもしたら家主はどうなりますか?、そのような時に代りに家賃支払義務を負うのが連帯保証人であり、絶対に家賃の延滞はしないから連帯保証人を立てないというのは通用しません。 >2人必要5人必要10人必要どこまでが正しいんでしょう >貸主の言いなりなのでしょうか、、、、 万一、賃借人が家賃などを支払できない時、代りに支払できる人と家主が判断したら連帯保証人は1人でも構いません、この代りに支払できないような連帯保証人であれば100人いても、いないのと同じです。

0

連帯保証人に関しては法的な定めはありません。 貸主の言いなりです。 あなたも「じゃあ借りない」で済む話です。 あなたはお客様です。神様なんです。 言いたい事を言いましょう。 「言う事聞かねえと借りてやらねえぞ」って言ってやれ。

1

大家、不動産屋の意向に基づいてですね。 借主が夜逃げとか家賃不払いなどで被害受けるのを防止するための安全策。 通常は1人でいいのではないですかね。 5人や10人なんてのは聞いたことないです。

1人がナイス!しています

0

大家です。契約書の連帯保証人なわけですから契約書に基づいて連帯保証人を立てるんでしょ?それ以外になにかありますか?